Pfadfinder24
ドイツ留学なら、ドイツのエキスパートPFADFINDER24にお任せ!
   お申し込み    お問い合わせ    会社案内    利用規約    サイトマップ
Ruhr-Universität Bochum

> DSH準備コース   > お申し込み・お問い合わせ   > サポートサービス

街の紹介

ボッフム。ドイツに住まない限り、一生聞くことがない名前。この辺りにはブナ、ドイツ語で"Buche"の森林があり、この樹皮から、紙、さらには本("Buch")が作られたので、"Bochum"になったという説を信じ、市は本を町の標識にしているが、本当の事は誰にもわかっていない。というのも11世紀の文献には「ボッフムの事?」と思われる記述があるが、„Cofbuokheim“と書かれており、"Buche"あるいは"Buch"とは似ても似つかない。
石器時代の居住跡があるものの、18世紀まで田畑が広がっているただの集落だったため、この町が歴史に登場することは滅多になかった。重要な意味を持つようになったのは産業革命が始まってからだ。良質な石炭が取れるこの町では、産業革命が始まると製鉄工場が建設されて発展が始まる。そして20世紀に似は製鉄業の町として最盛期を迎える。周辺の町から労働者がこの町に流れ込み、人口が始めて10万人の壁を突破する。第一次大戦後、賠償金の支払いを拒否したドイツにフランス軍が進駐、ボッフムは他のルール工業地帯の町と同様に占領される。労働者がストで抵抗すると、愛国心から国がお給料を払い続けたため、ハイパーインフレーションを起す歴史的な役割まで果たした。
鉄鋼業の中心だったため、第二次大戦中はこっぴどく空爆でやられてしまう。大戦後は石炭と鉄鋼業を中心として経済が復活、ドイツの車御三家のひとつ、オペルが大きな組立工場を建てるなどして、町はかっての栄華を取り戻すまでになった。しかし70年代には石炭業が、そして次には基幹産業だった鉄鋼業が衰退を始めると、町も一緒に衰退を始める。2014年には最後の大雇用主だったオペルの工場も閉鎖になり、失業率も高いまま安定してあまりいいニュースがない。
そのお陰で家賃は安いので、費用を抑えた留学を考えているなら、ここがダントツでお勧め。というのもボッフム大学(正式名称はRuhr-Universität Bochum)は4万人を越える学生が在籍している巨大な総合大学で、市内には他にも専門大学が4〜5大学もあり、学びたい専攻がどこかの大学で見つかるからだ。世界遺産に指定されている大学町、バンベルクレーゲンスブルクヴュルツブルクなどの華やかさはなく、少し郊外に行くと殺伐として光景が広がっているのが気にならなければ、そこそこ快適に過ごせる。人口は37万人をかかえ、ドイツ全土でもトップ20に入る正真正銘の大都市なので、店舗は多く、欲しいものは大抵手に入る。おまけにデユッセルドルフまで法廷速度を守っても、車で30分以内でいけてしまう。

アクセスデータ

最寄空港はデユッセルドルフ空港です。空港からボッフム中央駅まで電車で40分ほど。高いICEを使うと費用は19ユーロ。

 バス・電車路線図(PDF)


DSH準備コ−ス

 詳細をご希望の方は、こちらをご覧ください。

> DSH準備コース   > お申し込み・お問い合わせ   > サポートサービス

(c)Pfadfinder24   > HOME   > お申し込み   > お問い合わせ   > 会社案内   > 利用規約   > サイトマップ