Pfadfinder24
ドイツ留学なら、ドイツのエキスパートPFADFINDER24にお任せ!
   お申し込み    お問い合わせ    会社案内    利用規約    サイトマップ
正規留学 / 短期留学

> 正規留学について   > 入学資格   > 必用書類   > 短期留学

   
  

正規留学について

ここではドイツの大学に、語学習得目的でなはなく、卒業、国家試験を目指して留学(入学)する場合を取り上げます。勿論、Doktorのタイトルを目指しての正規留学、音大への留学もありますが、これらの場合、一般的な場合と著しく異なりますので、ここではこれは割愛して、Diplom, Magister, Staatsexamenを目指す場合の留学に限って取り上げます。

入学資格


正規留学には、以下の条件を(すべて)満たしている必用があります。

日本の4年生大学の在学生、卒業生である事
ドイツ語の試験DSH, KDS, GDS あるいはTestDaf等に合格している事
充分な資金的援助がある事

ドイツ人が大学に進学するには、アビトゥーア試験をパスして、大学に入学する資格が生まれます。日本人がドイツの大学に入学する場合、同等の条件をを要求されますが、この条件を満たすのは最低でも日本の4年生大学の入学試験合格を証明する事が必要です。勿論、異論、反論はたくさんあろうかと思いますが、これはここで異論を唱えても問題の解決にはなりませんので、既成事実として次の項目に移ります。

次に大事な資格が、ドイツ語能力です。ドイツの大学で勉強するには、高度のドイツ語能力が必要です。 この判断基準として、ドイツの大学ではDSHというドイツ語の試験を導入しており、この試験に合格しないと学業を始める事はできません。 入学申請時にDSH試験の合格の書類を提出できない場合、あるいは、持っていても4年(大学により2年)以上経っている場合は、入学の前にこのテストを受けて合格する事が必要になります。

このDSH試験ですが、希望すれば誰でも受けれる試験ではありません。この試験は大學でしか行なわれないので、語学学校では受験できません。又、「じゃ、大學で受ければいいや。」というわけにもいきません。何故なら、DSH試験は大學に入学願書を提出して、入学許可が下りた者しか受験できないからです。さらには、最近Stuttgart大學などのように、大學でこれまで行なってきたDSH試験を廃止する大學も出てきました。ドイツの大学に正規留学をするために必要なDSH試験の合格証というのは、とても入手が困難な書類です。
幸い、日本でも行なわれているTestDaf試験がDSH試験の代わりをしてくれます。このテストの(最低)レベル3以上の合格証明書が、DSH試験の合格証の代わりとなります(レベル5が最高点)。ですから、ドイツの大学に留学を計画される方は、ドイツ語検定のようにドイツで認知されていないために実用性のない試験を受けないで、ドイツでも通用する試験(資格)を獲得してください。勿論、DSH試験より高度なドイツ語能力の証明であるGoetheのKDS,GDSをお持ちの場合は、DSH試験が免除されます。
「DSH試験、あるいはドイツ語の能力証明が免除される大学はありませんか。」と諦め切れない方も少なくありません。日本でも、日本語ができないと大学に入学できません。日本で無理な事がドイツで可能という事はまずありません。それにドイツ語もできないのに、大学に入学しても単位を取れないので、これでは意味がありません。
最後に、入学に際して多くの大学では、卒業に必要な充分な資金の準備がある事を入学の条件としています。実際には、留学資金証明書(宣誓書)みたいな形で出願の際に、大学に提出する事になります。

学費
ドイツの大学はほとんど国立大学であった為、これまでは外国人であってもわずかなゼメスター登録料(60〜180EUR程度)を収めれば、学費無料で、おまけにゼミの期間の定期券までついてきて、就学が可能でした。しかし州が破産状態にあるため、どこの州でも出費を削る必要に迫られて、学費の有料化を決定する州が多くなってきました。州によって学費は異なりますが、目安として1ゼミあたり500〜650EUR程度の学費が必要です。
ところが2010年以降、学費を導入した政府が地方選挙で次々に敗北を喫し、「学費無料」を主張していた野党が政権に就くと、学費は本当に廃止されてしまいました。最後まで学費が必要だったバイエルン州は2013年に、ニーダーザクセン州では2014年に廃止されました。
   
           

卒業にはどのくらい時間がかかるのか?
ドイツでは大学を卒業できるまでに、平均年数が5〜6年もかかっていました。これは日本や米国のように"Bachelor"ではなく、"Diplom"のタイトルを取る必要があった為です。ところがこのようなシステムを取っているのは、(ほぼ)ドイツだけ。国際競争力の強化の為、欧州内の大学の卒業タイトルを一括する会議がイタリアのボローニャで開かれて、ここで"Bachelor"制度の導入が(導入は任意ですが)決定されました。
これに伴いドイツ国内の大学でもバチラー制度が導入される事になり、現在ではこの制度が一般化しています。早い話が5〜6年も大学に通う必要がなく、成績が良ければ3年で卒業できるようになりました。もっとも外国人には、これは無理です。日本人の場合、4年程度かかります。
さて、苦労してドイツの大学を卒業してしまえば、後はかなり有望な将来が待っています。ドイツでは、日本のように「誰でも卒業できる」わけではありませせんから、大卒の社会的地位はかなり高いです。特に理系はひっぱりだこで、卒業しないうちから、あちこちの企業からおいしいお話が舞い込んできます。文系なら"Betriebswirtschaft"が一番人気です。

 


> 正規留学について   > 入学資格   > 必用書類   > 短期留学

必用書類

さて、ドイツの大学の大学への入学資格を満たされていたら、次は入学申請の為の書類の準備です。
必用な書類は、ドイツ語の能力証明、入学申請書の他に、

大学をすでに卒業している場合
高校の成績/卒業証明 + 大学の成績/卒業証明書

大学在学中の場合
高校の成績/卒業証明と、大學の在籍証明書/成績証明書

入学試験に 合格したが、入学しなかった場合
高校の成績/卒業証明と、入学試験合格証明書のドイツ語翻訳

が、最低限必用になります。

これらの書類に加えて大学への願書、必要により履歴書(勿論、ドイツ語です)、証明写真、留学資金の宣誓書、返信用の封筒に返信用の切手を貼って、大學に願書を郵送することになります。大學によって出願に必要な書類は異なっていますから、願書を送る前に必ず大學のホームページなどで必要書類は確認しておきましょう。
2004年あたりから外国人の入学申請を1年に1回に制限する大學、あるいは、願書の申請締め切りを従来の1月、7月から、11月、5月に前倒しする大學、書類の審査料を要求する大学などが出てきました。この為、留学準備はこれまでのように半年前ではなく、1年前から準備する必要が出てきます。
日本の大学の単位は持ち込めるのか?
果たして、日本の大学で取った単位をドイツにそのまま持ち込めか?という質問をよく受けます。例えば日本で独文科を卒業、ドイツでも独文科に入学する場合は、有る程度転移を認めてもらえます。
日本で独文科を卒業したのに、ドイツでは経営学を専攻される場合、「日本でバチラー取ってるから、ドイツではマギスターから始めたい。」というのは無理です。日本で取った専攻とドイツの専攻が違うのに、試験に合格もしていないで、バチラーの単位が与えられることはなく、通常、2ゼミ目からのスタ-トとなります。
これに不服な人は、直接入学希望の大学と交渉する事になります。


> 正規留学について   > 入学資格   > 必用書類   > 短期留学
短期留学

幾つかの大学では、卒業を目的としない学生の就学を受け入れています。ちょうど、ドイツでの留学を経験してみたい人にぴったりの留学です。このタイプの留学の期間は2ゼミまで、つまり1年間です。このタイプの留学の場合、卒業を目指す留学と異なって、入学許可が比較的下り易いという利点もあります。

この短期留学に必用な資格は、正規留学の場合と基本的に同じです。ドイツ語能力に関しては、すでに講義を理解できるドイツ語能力を入学の前提条件にしています。ドイツ語が理解できないのに、入学しても意味がありませんから当然ですね。入学の前提となるドイツ語の能力は、GoetheのMittelstufe2 の終了証か、800時間以上のドイツ語学習時間の証明書が必要です。

2010年頃から、短期留学の入学条件がとても厳しくなりました。一部の大学では短期留学への入学条件にDSH試験の合格証を要求するケースも出てきて、入学条件は正規留学と変わらなくなりました。
さらには入学を希望する学科の教授、あるいは講師から書面で講義に参加する同意書をもらって、これを提出する事を要求される事もあります。お客さんの為に、何度も教授にメールを送ったのですが、返事は一度も来ませんでした。大学にコネがあるか、大学まで出向いて講師に調節交渉しない限り、同意書はもらえそうにありません。これでは正規留学を申請して、1〜2ゼミで退学する方が簡単です。

 

> 正規留学について   > 入学資格   > 必用書類   > 短期留学

(c)Pfadfinder24   > HOME   > お申し込み   > お問い合わせ   > 会社案内   > 利用規約   > サイトマップ