Pfadfinder24
ドイツ留学なら、ドイツのエキスパートPFADFINDER24にお任せ!
   お申し込み    お問い合わせ    会社案内    利用規約    サイトマップ
ドイツ&周辺諸国観光案内
Monschau

> ドイツ&周辺諸国観光案内 INDEX
 
デュッセルドルフに住むと日本食には困らないが、日本から家族、友人が来た際の観光先探しに苦労する。ベンラートのお城は退屈以外の何物でもないので、「じゃ、ケルンの大聖堂でも行くか。」という事になる。問題は、この友人が「じゃ次は?」とか、「以前、見たことあるよ。」と言い出した場合だ。まさかノイシュバンシタインまで付き添うわけに行かないし、すでに何度も見たことがあるので、行きたくない。近場で見所と言えば、アムステルダムだが車で日帰りはしんどい。そんな時にお勧めするのがケルンの西南約100Km、ベルギ-との国境に位置するMonschauの街だ。(デュッセルドルフから120km、車で1時間半。)
この街はすでに3世紀頃から居住されていだが、12世紀に当時の諸侯がここに城塞(Burgの方です。)を建てた頃から発展を始めた。30年戦争では、人里はなれたこの町に避難民が逃げてきて、人口が増加した。18世紀になるとこの街で製造されたタオルが大ヒット。街は繊維業で大いに繁栄して、この地方独特の立派な建造物が数多く建てられた。第二次大戦では(戦争に大事な工場がなかったので)被害を逃れることができ、今でも18世紀に立てられた立派な建物を感嘆することができる。
この街に着いたら、まだ元気な内に階段を昇ってBurgの廃墟を見に行こう。廃墟自体は、思わず「これだけ?」と言ってしまいそうな程度しか残っていませんが、ここから見下ろす景色は絶景とは言えないが綺麗。屋根瓦の色、家の作りが他のドイツの街並みと異なっており、ドイツであることを一瞬忘れさせてくれる。
しんどい部分が終わったら、あとは気楽に街中を歩いて、古い街並みを見学するのも良し、レストランで空腹を満たすも良し、土産品を買うも良し。この街で、ノイシュバンシタインまで行かなくても、日本からの訪問者の要望を満たすことができる(筈だ)。尚、この街に向かうまでの国道、特にDueren市の近辺にはかなりの数の記念写真機(スピード違反の写真機)が立っているので、注意して走行しよう。

 


> ドイツ&周辺諸国観光案内 INDEX

(c)Pfadfinder24   > HOME   > お申し込み   > お問い合わせ   > 会社案内   > 利用規約   > サイトマップ