Strafanzeige

あまりタイの事ばかり書いていると、
「休暇中にすみませんが、」
とか、
「今、バンコクなんですよね。洪水はどんな具合ですか。」
というメールが届くので、
「ドイツの事。」
も書きます。

休暇が終わってから、ブル~な事が続きます。

まず、半年前に300ユーロ(自己負担)払って入れた、
"Zahnkorne"
が破砕。

ドイツ人はよく、
"made in Germany"
と威張りますが、
「それって、高いけど、すぐ壊れるって事?」
って聞きたくなります。

歯医者に行くと、
「担当医は休暇中なので、休暇が明けてからまた来てください。」
と、砕けた歯で2週間辛抱。

まさにドイツならでは。

受付のおばちゃんが言うには、
「午後には入れ直すので、朝1番に来てください。」
と、朝8時30分の予約。

朝一発に、歯医者なんか行きたくない。
でも、眠い目をこすって歯医者まで。

休暇から帰ってきた医師が言うには、
「修理に3日かかるから、来週来てね。」
との事。

なら、朝一番の予約なんて必要ないじゃん!

まさにドイツのドイツたる所以です。



その後、今度はフィットネス クラブから、
「会員費用が滞納しています。」
と、催促の手紙。

休暇に出る前に、ちゃんと送金しておいたのに。
ジムで討論会。

「9月7日に送金した。」
と言えば、
「それは8月の会員費。」
というジムの経営者。

「8月の会員費は8月15日に払った。」
と言えば、
「それは7月の会員費。」
という石頭のドイツ人。

14年くらいの古参会員なので、この調子で延々と討論。

こういうドイツ人と話しても、時間の無駄。
「弁護士から電話させるから。」
と言って討論中断。

弁護士から電話があると、問題はすぐに解決。
8月の会員費は、8月の会員費で、9月の会員費は9月の会員費になりました~。
こんな簡単な事なのに、弁護士を通さないとわからないドイツ人。

問題解決して、昨日、すっきりとトレーニング。
その後、医者に。

毎月、健康保険費用340ユーロ払っています。
(歯科追加保険込み。)
ところが休暇もあって、2ヶ月医者要らず。

「医者に行かないともったいない!」

診察前に3ヶ月置きに必要になる10ユーロの診察費を払おうと財布を開くと、
「ない!」

現金がない。
1枚もない。
クレジットカードなどは安泰。
く~。

200ユーロくらい入っていたのに~。

「何処で抜かれた?」
と、しばらく考える人。

歩いているときに財布を盗み、現金だけ抜いて、又、ジャケットに財布を入れるのは不可能。
だって、内ポケットで、チャック付き。

するとジャケットを脱いだときに、抜かれたに違いない。
脱いだのは、ジムでのトレーニング中。
2時間あったので、盗難には十分。

ちゃんと鍵(南京錠)をかけていたのに!
200ユーロ盗まれるなら、日本食レストランで寿司でも食っていればよかった~。
後悔、先に立たず。

医者の受付のお姉さんは、
「無くすなら、私にくれればよかったのに。」
と、まさに今風の現金なお姉さん。

「時間の無駄。」
とはわかっていても、警察まで被害届。

中央駅の横にある派出所は、
「酔っ払い。」
で大忙し。

やっと
「順番」
が廻ってきて、
「現金、抜かれました。」
と言えば、
「お金は戻ってこないけど、それでも被害届を出したいか。」
と、聞いてきます。

一瞬、
「時間の無駄だから、帰ろうか。」
とも思いましたが、
「一度決めたことを再考するのはよくない。」
と、人生から学んだ教訓で、被害届
"Strafanzeige"
を出しました。

教訓。
今後、お財布の中身は、タイ滞在中のように、50ユーロまで!

今、クリスマスマーケットも出て、
「泥棒の稼ぎ時。」
です。

皆さん、同じ目に遭わないようにご注意ください。



アデルフィー スイート バンコク / Adelphi Suite Bangkok

パタヤ滞在中、
「次のバンコク滞在の宿は何処にする。」
で一悩み。

"Don't change a running operating system."
は、IT部門の鉄則。

日本語で言えば、
「ちゃんと機能しているシステムは変えるな。」
って意味になります。

この鉄則に従えば、この前泊まったフォーポイントに泊まるべき。
朝食は旨いし、サービス良し、ロケーション良し。

なのに、
「人生は冒険だ!」
と悪い虫が騒ぎだし、日本人に人気のアデルフィー スイートを予約。



市バスで移動。
119バーツ払って2時間後、無事、エカマイ到着。
今回はルックザック(バックパッカー)なので、フットワークが快適。
「ホイホイ」
と、スカイトレインに乗り換えて、ナナ駅まで。

「駅まで徒歩2分。」
というのがこのホテル(サービスアパート)の謳い文句。

フットワークを活かして、ホテルまで徒歩移動。
3~4分かかって到着。

adelphi01.jpg

あまりホテルらしくない外観です。
オフィスビルをホテルに改造した感じです。

レセプションのお姉さんは、
「ニコリ」
ともしない仏調面。

早口で説明するので、
「えっつ、朝食は何時までだって?」
と聞き返すと、明らかに機嫌を損ねた様子。

友人は、
「ニコリともしないタイ人は、タイ人唯一の長所を無くしている。」
と、言います。

私も同感です。

しかしあのセンターポイント(トンロー)にも
「瓜二つ」
の女性が居て、
「お前は接客が何わるか、わかっとらん。」
と怒鳴ったこともあるので、ここはじっと我慢の子。

肝心の部屋ですが、居間はこんな感じです。

adelphi02.jpg

この洗濯機が目的で、スタジオではなく、ワンベットルーム(48㎡)にしました。
一応、キッチンも付いているですが、

adelphi03.jpg

ご覧の通り、包丁もまな板もなし。
皿はあるものの、

adelphi04.jpg

鍋もフライパンもなし。
電子レンジはあっても、ガラス容器なし。
調理は不可能です。

バスルームには、シャワーブースと、

adelphi06.jpg

バスタブがあります。

adelphi05.jpg

これが曲者。
シャワーを浴びると、
「ドブ川の香り」
が部屋を満たします。

窓を開けて半日買い物、帰ってきた途端、
「うっつ。」
と催すくらい凄い強さ。

これはたまらん。
レセプションに苦情。

その後、悪臭は激減。
ちゃんと処理したみたいです。
でもまだ匂いが残ってるので、エアーフレッシャーを持ってこさせて、これで辛抱。

しかしなんで、客から苦情が出るまで何もしない?
掃除の際に、悪臭なんてすぐわかるのに。

掃除をした後、これをチェックする上司がいないのが原因。
この辺がセンターポイントなどの一流、サービスアパートとの違い。

寝室はこんな感じです。

adelphi07.jpg

見晴らしいいです。
仕事机もちゃんとあり、

adelphi08.jpg

ガンガン、仕事ができました。
インターネットもそこそこスピード有り。
少し椅子が低いのが、マイナス。

体格に合わて調整可能な、オフィス専用の椅子が欲しい所。
(フォーポイントには有り。)

プールは小さいです。

adelphi09.jpg

デッキチェアも6つしかありません。
午後は完全に影になるので、

adelphi10.jpg

朝食を済ませたら、プールに直行しましょう。

その肝心の朝食ですが、残念賞。
味、種類、サービス、すべて不合格。

客が居ないと、従業員が客用の朝飯を食べています。
そのせいか、いつも空っぽ。

しかし不味いので、
「損をした。」
という気持ちになれないのが、唯一の利点。

皆まで言えば、従業員も態度も今ひとつ。
レセプションで遊んでいるか、面倒なので奥に引っ込んで誰もいなかったり、使えません。
まるで(パタヤの)LKグループみたい。

バンコクで買い物をし過ぎて、どうみても超過荷物。
これが高い。
エアベルリンの超過荷物、5kgまでが90ユーロ。

しかし買った品物が50ユーロもしない。
50ユーロの品に90ユーロも払いたくない。
そこで、ホテルに置き土産。

「友人が取りに来るので、それまで保管しておいてくれ。」
と頼み、帰国。

前出の友人が気を利かして、
「○○号部屋に泊まった西が預けていった荷物はありますか。」
とホテルに電話。

「ありません。」
とホテル。

怒る友人。
「ユニクロの袋が置かれているだろう。」
と言えば、しばらくして、
「チャイ。」

サービスはありませんが、唯一、場所の良さで利用価値のあるアパートです。

このホテルの最安値を検索


LK エンプレス / LK The Empress Pattaya

「何か作っているな~。」
と、思ったのが2010年3月。

empress01.jpg

今回行くと、(ほぼ)完成してました。

empress02.jpg

出来たのはLK系列のホテル。
名前は
"LK The Empress"

毎度の事ながら、立派な名前。
ちなみに
「オリジナルのエンプレス」はこちら
「パタヤのエンプレス」
と言えば、ぴったり当てはまります。

LKはこれまで主にサービスアパートを手がけてきましたが、パタヤのエンプレスはホテルです。
つまりキッチンがありません。
電子レンジのみ。

アゴダに、
「場所がわかりづらい。」
と、投稿している日本人が居ます。

ロケーションはビーチロード。
目を開けて歩けば、すぐにわかります。

「パタヤは初めてです!」
という方の為にもうちょっと詳しく書けば、
ソイ12の
「出口」。

empress03.jpg

パタヤの常連の方には、
「レックホテルやセントラルホテルのあるソイ。」
と言ったほうがわかりやすいいかもしれません。

皆まで言えば、マイク ショッピングモールの
「後ろ」
です。

入り口にカフェテリアがあります。

empress04.jpg

あまり客が入っていません。
ビーチロードの土地は貴重なので、場所がもったいない。
カフェテリアがなければ、ホテルの部屋を10部屋くらい増やせたのに。

レセプションは、他のLKで知っている通り、
「暗い」
です。

empress05.jpg

明るい写真を撮る為、露出を上げて、シャッタースピードを限界まで落としました。

皆さんご存知の通り、中華系のレストラン、照明暗いですよね。
同じく中華系資本のLKでは、この伝統を守って、暗いです。

レセプションでは(昼間の)照明厳禁。
チェックインしてもテレビや冷蔵庫のコンセントが抜かれているんです!
チェックインする前に、差せばいいのに。

肝心要の部屋ですが、

empress06.jpg

オープンしたばっかりで、ピッカピッカ。
部屋の大きさは、オーガストスイートとほぼ同じ。

empress07.jpg

部屋の調度品はLKらしい家具に、

empress08.jpg

ソニーの薄型テレビに、フィリップスのDVDプレイヤー。

empress09.jpg

浴室にはシャワーブースと、

empress10.jpg

ジャグジー付き。

empress011.jpg

全部の建物の屋上には、プールがあります。

empress012.jpg

端っこの
「岩」
は、見るからに発砲スチロール製。

デザイン的に少し外していますが、
「雰囲気のいいプール。」
とコメントを書いているファランも居ましたので、好みは人それぞれ。

部屋の大きさは、多少の差あれこそ、ほぼ同じ。
「窓からの眺めで値段が違う。」
そうです。
セントラル ホテルを眺めて過ごすのもしんどいので、どうせ予約するなら、ビーチ側。

empress013.jpg

ちょっと値段は張りますが、折角の休暇です。
贅沢しちゃいましょう。

このホテルの最安値を検索


ページ10  / Page 10 in Pattaya

1年振りのパタヤ。
新しいホテルが幾つかオープンしていました!
その中でも日本人に人気なのがページ10。

場所はソイ10、セントラルデパートの
「後ろ。」
セカンドロードに近いです。

page08.jpg

中には
「ビーチまで遠すぎる!」
と、トリップアドバイザーで苦情を挙げているファランが居ます。

実際には、
「歩いて3分。」
です。



ただし10月は道路の舗装工事中。
ビーチロードまで、
「大回り」
をする必要がありました。

12月には舗装工事も終わっていると思います。
このホテルの欠点は、眼下にあるビアバー。

page02.jpg

ビアバーから撮った写真です。
右上に、
「Page 10」
の看板が見えます。

観光客集めの為、毎晩、
「催し物」
を開催。

大音響でお釜だったり、お姉さんだったりが、踊っています。
「俺はパタヤでも早く寝る。」
という方には、向いていません。

運がよければ、セントラルデパート側の部屋に
「当たり」、
静かに過ごせます。

肝心の部屋ですが、

page01.jpg

一見、問題なし。

よく見ると、壁の
「プラスチック」
にかなりひび割れが入っています。

ホテルの従業員は、
「ひび割れじゃなくて、そういうデザインだ!」
と、言い張ります。

家具もあちこちに傷跡が目に付きます。
まだオープンしたばかりなのに。

こういう
「細かい点」
が気になる方は、泊まらない方がいいかも。

部屋はオーガストよりも、かなり小さいです。
エイプリールのスタンダートと比べても、少し狭い。
その理由は大きな浴槽。

浴槽は、最近人気のある、

page03.jpg

ベットから眺める構造で、

page04.jpg

バスタブと、シャワーブースがある為です。
バスルームは一面に鏡がはめられています。

page05.jpg

まるでドイツ人の為に作ったよう。
といういのも、ドイツ人は、ナルチスト。

若い人、若くない人、
髪がある人、髪がない人、
痩せている人、太っている人、
み~んな鏡の前で、うっとりしています。

もっとひどいのがギリシャ人とトルコ人。

ジムに来て、鏡の前に立って、終始、髪、顔をいじくっています。
チンパンジーみたい。
自宅に鏡がないのかしらん。

このホテルの見所は、屋上プール。

page06.jpg

ちょっと小さめですが、気分爽快です。
あまり椅子の数が多くないので、要、(ドイツ式)タオル予約。

フロントのお姉さんは親切で、

page07.jpg

英語も問題なく通じました。

新築でローケーション良し。
しかし値段は安目。

パタヤで、
「羽目を外して遊ぶぞ~。」
という方にぴったりのホテルです。

このホテルの最安値を検索


エイプリール スイート 2,0 / April Suites 2,0

今回もパタヤの宿はオーガスト スイートです。

先回の休暇で
「散々、お世話になった。」
ので、他の宿には泊まれません。

今回は予約を入れると同時にカードから2000バーツ引き落とされて、
「予約の変更、キャンセルの際は、返金されません。」
と言われて、ちょっとプレッシャー。

現地についてから話を聞くと、
「予約だけして来ない客、予約変更ばかりする客。」
で苦労したので、こうなったとか。

なので、予約の変更、キャンセルをするかもしれない方は、前日まで予約のキャンセルが可能なサイトで予約するのがよろしいかと思います。



オーガストスイートはすでに写真で紹介したので、今回はその姉妹ホテル、エイプリール スイートを紹介します。

去年、10月はまだ工事中。
「11月末オープン予定。」
だったのですが、12月始めには完成したそうです。

もっとも、
「11月末。」
と、
「12月始め」
は、大きな違いだと思うんです。

なので何度も、
「突っ込んで」
聞いても、満足のいく回答はもらえませんでした。

「過去の事はどうでもいい。」
ようです。
この辺、とってもタイ。

まあ、部外者にそこまで回答する義務もなし。

オーガストのレセプションを観察していると、エイプリールに泊まる客も、オーガストに到着してるようです。

オーガストから、エイプリールへの
「専用通路」
があり、歩いて1分です。

オープンしてまだ1年未満。
ピカピカです。

april001.jpg

入り口を入ると、

april002.jpg

左手にレセプションがあります。

april003.jpg

写真中の女性(日本食のファン)が、マネジャーです。
バンコクでは、アマリで働いていたそうです。
何で、パタヤに来たんでしょう。

彼女に部屋を見せてもらいました。

ロビーには、

april004.jpg

オーガスト同様に、客専用のノートパソコンが置かれています。

april005.jpg

ドアは開け放しだし、盗まれないのかな~。
ちょっと心配。

エイプリールでは、
「スタンダード」、
「スピリアー」、
それに
「エグゼキュテイブ」
の3つの部屋タイプがあります。

エグゼキュテイブは、ホテルの角部屋。
なので、隣人が片側しかおらず、騒音の心配があまりありません。

というのも、オーガストはオージーに大人気。
オージー、タイに来ると横暴な振る舞いで、腹辰則。

今回も運悪く、隣がオージー。
朝の4時過ぎに帰ってくると、○交パーテイー。

く~。
一度ならず、二度までも!

何も
「○交パーテイーをするな!」
と言っているんじゃない。
やってもいいから、24時までに終わらせろ!
(隣の)部屋で仕事をしている人間だって、要るんだぞ!

翌日は朝の5時に部屋で大喧嘩。
耳栓をしているのに、
「怒鳴り声」
で、目が覚めました。

もう辛抱たまらんです。

予約の際に、
「オージーが隣にならないように部屋の予約を請う。」
と書きませう。

話が逸れました。
え~っと、エグゼキュテイブですね。

april006.jpg

幾分オーガストよりも小さいですが、コンパクトにまとまっています。

オーガストにはない薄型のテレビがあります!

april007.jpg

バスルームには、シャワーブースの他に、浴槽もあります。

april008.jpg

そして部屋にはダイキンのクーラー。

april009.jpg

これが滅茶苦茶、静か。
これと比べたら、オーガストのクーラーは、US ヨシムラの集合管

次回は、エイプリールで決定!

ちなみにスピリアーは、こんな感じです。


april010.jpg

浴槽があるのは、エグゼキュテイブのみ。
スピリアー、スタンダードはシャワーのみ。

april011.jpg

皆まで言えば、スタンダードルームはこんな感じです。

april012.jpg

少し狭く感じるかもしれませんが、仕事スペースはちゃんとあります。

april013.jpg

薄型テレビにダイキンのクーラーもあるので、
「オーガストか、エイプリールか。」
悩みそうです。

そうそう、屋上にはプールもあります。

april014.jpg

デザインがステキで、とっても気持ちよさそうです。

april015.jpg

しっかり泳ぐならオーガスト、リラックスするならエイプリールですかね。
オージーが居なければ、、。

このホテルの最安値を検索


Calendar
<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
Link
                                
admin


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80