メルキュール フライブルク / Mercure Hotel Freiburg

フライブルクの定宿は、ドリントホテル。
お気に入りだったのに、おフランスのホテルチェーン、アコーアに売却されちゃいました。
以後、ノボテルと名前が変わりました。

mercure01.jpg

中央駅から歩いていけます。

短所
シングルルームはちょっと部屋が狭い。
駐車場が高い。

長所
朝食が超豪華

ここよりも朝食が豪華なホテルはないです。
☆☆☆☆なので、ちょっと高いが朝飯で元が取れます。

ドイツでは月曜~金曜日がビジネス客を目当てで値段が高め。
週末はホテル代が安くなります。
運がいいと、80ユーロ程度で泊まれます。

「今回もドリントホテル!」
と思ったのに、今回はなんと150ユーロ。
予算オーバー。

見本市にでも当たったかな。
妥協。
フライブルクで2番目のお勧め、
メルキュール フライブルクを予約。

mercure02.jpg


フライブルクには、もうひとつメルキュールホテルがあります。
山の上に。
車がないと、あそこまであがれない。

今回取ったのは、ミュンスターに近い方です。
一泊65ユーロは安い。
もっとも朝食は別料金(8ユーロ/日)。

独自の駐車場はないですが、ホテルの下はショッピングセンター。
ここの駐車場が使えます。
1日12.50ユーロなり~。

部屋は悪くないです。

mercure03.jpg

広いベットに、


mercure04.jpg

仕事をするスペースもたっぷり。

mercure05.jpg

テレビ番組も多し。
自宅では、追加料金を払わないと見えない番組も見えます。

mercure06.jpg

「浴槽がないと嫌だ!」
という日本からのお客さん」にも対応しています。

部屋もそこそこ広くて、快適。
騒音も気にならなず。
問題はインターネット。

外注の業者に委託。
1日10ユーロで使えます。
アコーの会員になると、5ユーロ/日。

問題は、繋がりが悪いこと。
結局、滞在中、1時間くらいしか繋がりませんでした。
レセプションで苦情を言うと、チャラになったので、苦情はなし。

朝食はビュッフェ。
ノボテルには適わないですが、それでも十分な量と種類。
問題は、男性スタッフの愛称が極端に悪く、
「おはよう。」
と行っても、無視される事。

初対面で嫌われたのか、
「コーヒーですが、それも紅茶ですか。」
というお決まりのサービスもなし。

この辺がフランスと違う。
ドイツ人はサービス業に向いていない。

もっとも、それで諦めるほど、若くない。
「絶対、無視できない。」
近くまで言って
「コーヒーくれ。」
と注文。

やっとコーヒーを持ってきました。
余程、アジア人が嫌いなのか、さらに愛想が悪くなっていました。

他には苦情なし。
レセプションは愛想、対応、申し分なし。
ロケーション良し、宿泊代金は良心的。
フライブルクでお勧めのホテルです。

このホテルの最安値をチェック

避けた方がいいのは、駅の中に建ってるインターシテイ ホテル
「えっつ?」
って思うほど、部屋が狭い。

駅の中だから、場所がなく、このような構造。
電車の騒音もうるさい。
おまけに高い。

あの値段払う価値はありません。

TUEV

「折角、ドイツに来たので(?)、ブラジルに行きたい!」
と考えて、ビザを申請。
ところが署名欄にサインを忘れて、不許可。

が~ん。
行き先に悩んでいると、
「遊びにおいでよ。」
と自衛隊を辞めてタイに行った(元)同僚。

今、思い返せば、署名を忘れたもの何かの運命だったのかも。

で、初めて行ったタイ。
まだBTSが出来る前。
当然、市内の移動はタクシー。

当時のタイのタクシー、驚き。
タクシーの燃料メーター、
「0」
を指しているんです。
軒並み。

メーターが壊れているんじゃなくて、満タンにするお金がない為。
ガス欠になって途中で車が止まるんじゃないかとヒヤヒヤ。

もっと驚いたのは、床に穴が開いていること。
タイの生活に慣れている友人は、
「ごみが処理できて便利なんだよ。」
なんて言いますが、衝突したら車が真っ二つになりそうでヒヤヒヤ。

ドイツには有名な、
"TUEV"
があります。

「テュフ」
と読んでください。

一般市民は車の車検で、このテュフの検査を受けます。
10年未満の車の場合、2年置き。
10年を超えると、毎年、テュフです。

で、今日はテュフの日。
お金を節約したい人は、直接、テュフに行けます。
問題が指摘されると、これを直して、再度、テュフの検査。

2度目で合格すると、支払う料金は1回で済みます。
3度目からは超過料金がかかります。

車も古くなったので、車の修理工場に頼んで、テュフに検査の申請をしてもらいました。

めでたくテュフ合格。
165ユーロなり~。

指摘されたのは2点。

救急箱の
「賞味期限」
が切れてました。

修理工場の親父が、新品の救急箱を調達してくれました。

これは安くて済んだんですが、
「サスペンションから油漏れ。」
を指摘されて、
「必ず修理すます。」
という事で、テュフ合格。

原辰則。
3月の出張に備えて、2月に車を総チェックに出したばかり。
なんでチェックの際に、サスペンションから油漏れしているのがわからなかったのか!

「チェックの後に壊れたんだよ。」
という言い訳は通じません。

油漏れを指摘されたのは、4本、全部。
検査から2ヶ月で、4本もサスペンションが壊れるなんてあり得ない。
2ヶ月前に、壊れている兆候が見えた筈。

ドイツの修理工場、こういう事が結構、多いです。
ドイツでチェーン店の
"ATU"
という修理工場がありますが、ここ最低。

まだBMWに乗っていた頃、ATUで車の車検。
しかしどうも車の調子が悪い。
別の工場で再検査。

エアフィルターが詰まってました。
ATUは交換もしないのに、請求書だけに費用を計上。
最悪の修理工場です。

もっとひどいのは、
"Pit Stop"
というチェーン店の修理工場。

ここに車を持っていくと、
「ブレーキがもう駄目。」
と必ずブレーキ交換。

こうして修理費だけでなく、部品を売ってお金を稼ぎます。

だから、
「オイル交換、無料!」
と客をおびき寄せると、
「ブレーキが終わってる。このままじゃ危ない。」
と脅して、お金を奪う仕組みです。

トルコ人やアラブ人の修理工場は要注意。
ドイツ人経営の修理工場でも、信用できるところは僅か。

車の部品を交換したら、
「これ請求書。」
だけで済ます工場ではなく、
「ここが壊れてた。」
とちゃんと不具合を指摘してくれる工場を探そう。

ドイツ語で、
"Vertrauen ist gut, Kontrolle ist besser."
(信用するのはいいが、チェックするのはもっといい。)
と言うのは大当たり。

そうそう、今日、ベルリン新空港もテュフの日でした。
私の車と違って不合格。

防火扉やスプリンクラーなどが機能しなかったのが理由です。
「火災になったら、手動で作動させる。」
と言い張ったんですが、
「だめぽ。」
と言われてテュフを通りませんでした

国の首都の空港がテュフで落ちるんだから、やっぱりドイツらしい。
タイの新空港オープン時にそっくり。
これで予定されていた空港の新装オープン(6月)は不可能に。

またテュフで落ちなければ、8月~9月になりそうです。
8月にベルリンに留学される方、到着空港と出発空港の名前を再度チェックしてください。
到着はテーゲルで、帰国は新空港なんて事もあり得ます。

その一方で、賄賂に負けないテュフは立派。
だから、欧州ではドイツのテュフは有名で、信頼性があります。

タイのようなボロボロの車があふれていたトルコでも、2年ほど前にテュフが導入されました。
ドイツで生まれ育ったトルコ人が、テュフの検査官になり、故国でテュフを実施してます。

中国では、ドイツに輸出する製品に、
"TUEV"
と偽の認定書を印刷する始末。
流石、中国。



デユッセルドルフ vs. ケルン

2年前に買ったニコンのキットレンズ。
AF-S DX NIKKOR 18-105mm/3,5-5,6G ED VR
超音波モーター付き。

軽量。
ズームも軽く動いて、使い勝手良し。
なのにタムロンばかり使って、滅多に出番がなし。
「これじゃ、もったいない!」

午前中は曇っていたのに、14時を過ぎたら青空がちらほらと。
急いで昼食を飲み込むと、ニコンのキットレンズに取替えて、レッツゴー。

話は飛びますが、今週末、5月5~6日はデユッセルドルフに来ない方がいいです。
市内では、未だにそこら中で工事中。

dus02.jpg

綺麗じゃない。
歩行者道路が限られていて、大混雑。
歩き難くくて、仕方ない。

車で出かけると、市内大渋滞。
駐車場も一杯。

今週はこれに加えて、デュッセルドルフで見本市。
ドルッパ。
印刷関係のでかいメッセです。

世界中から出展者、訪問者が市内に集結します。

それだけでも、
「えらい事!」
なのに今週末は
"offerner Sonntag"

日曜日もお店が空いていて、買い物ができちゃいます。
これを目当てにオランダ人が集結します。
たまったもんじゃない。

それだけでも、
「えらい事!」
なのに今週末はデュッセルドルフのサッカーチームが、一部リーグ進出にかけて最後の決戦。

サッカー(スポーツ)観戦には興味なし。
しかしバイエルン ミュンヘンは知ってる。
デュッセルドルフのチームは見たことも、聞いたこともない。
デュッセルドルフに住んでいるのに。

サッカーしか知らないギリシャ人に、
「どうしてデュッセルドルフにはサッカーチームがないの。」
と聞けば、
「あるよ。」
との事。

「そうなん?どんな名前なの?」
と聞けば、
"Fortuna Duesseldorf"

よく聞き取れず、
「なんでマグロなの?」
と聞けば、
「Tunaじゃない、Fortunaだ。」
とギリシャ人。

「どういう意味なの?」
と聞けば、
「ギリシャの女神だ。」
との事。

「なんでテレビで見ることがないの。」
と聞けば、
「一部リーグじゃない。」
との事。

「何処なの?」
と聞けば、
「3部リーグ。」
との事。

「ゲルゼンキルヘンや、ドルトムントのような失業者にあふれている町のチームが一部リーグなのに、なんで州都のデュッセルドルフのチームが3部リーグなの?」
と聞けば、
「昔わな~。」
と、昔話を始めるギリシャ人。

大体、事情は掴めました。

早い話、弱小チーらしいです。
あれから10数年。

知らない間に、その弱小チームが二部リーグに昇格。
2011年の上半期、一度も敗戦を喫することなく、首位で後半突入。
2012年の後半期に入って、超苦戦。

現在3位。
この地位を守ることに成功すると、来年から一部リーグ進出も可能。
残るは今週末の1戦のみ。

言うまでもなく、チケットすべて売り切れ。
サッカーファンがスタジアムに集結するので、大混雑、暴力事件、間違いなし。

「触らぬ神に祟りなし。」
自宅にこもっているのが正解です。

ちなみにデュッセルドルフチームが今週、勝ったとします。
しかし、まだ一部リーグ進出は決まったわけじゃない。

一部リーグで成績の悪かったチームと対戦。
これに勝って、やっと念願の一部リーグ進出です。

皮肉なことに、成績の悪い一部リーグのチームは、ケルンのサッカーチーム。
このまま行けば、デュッセルドルフ vs. ケルンです。
ただでも仲の悪い町。

ただでも暴力沙汰の多いファンを抱えるチーム。
市内は荒れそうです。

話を戻します。

dus03.jpg

この教会の先は、有名な
「大様通り。」
です。

dus01.jpg

ネプチューン像。
どの観光案内に載っています。

でも
「お堀」
の水は濁って、ほとんどタイ並み。

市庁舎です。

dus04.jpg

キットレンズなのに、結構、綺麗に取れます。
日が照っていると。

ライン河まで出ると、ちょうど観光船が出発しています。
「あ、逆光だ!」
と思ったけど、もう設定を変更する時間なし。

dus05.jpg

Blende,F11だったので、シャッタースピードが落ちてしまいました。
残念。

太陽が背中から照ると、いい写真が撮れたのに。

ニコンのレンズで撮ると、
「線が濃い。」
です。

dus06.jpg

この辺がタムロンと違う。

安いキットレンズなのに、結構、使えちゃう。
130mmくらいまで望遠があると、もっと便利でしたが。
でもそうなると画質が落ちて、値段があがるので、画質と値段のバランスの取れたよいレンズです。




Best Western Monopole in Strasbourg

日本では、ゴールデンウイーク突入。
ドイツでも(南は)、30度を超える真夏日。
デユッセルドルフは、まだ22~23度。

今週一杯は、仕事も少なそう。
今のうちに更新です。

先月の出張で泊まったホテルを紹介しておきます。
まずはシュトラースブルクのホテルから。

10年前、、おフランスで泊まったイビス。
なんとインターネット無し!
当時、やっと内戦が終わったプノンペンでWifiが飛んでいた時代。

「戦争が60年も前に終わっているフランスで、インターネットがないなんてありえない!」
と叫んだ記憶があり、
「インターネットのあるホテル!」
を優先。

問題は、
「インターネット有り。」
「部屋でインターネット使用可。」
と書かれているのに、
幾らかかるのか、書かれていない事。

間違っても、
「無料じゃない?」
なんて思わないように。

本当に無料だったら、
「インターネット無料!」
ってホテルのセールスポイントに書きます。

「インターネット有り。」
としか書かれていないのは、
「有料です。」
という意味。

タイのホテルでも、インターネット接続料12ユーロ/日取られます。
これより安い筈はない?

ホテルを検索していると、
「インターネット無料!」
と書いているホテルがあります。

欧州で有名な
"Best Western"
系列の☆☆☆ホテルです。

最近、アジア/タイにも進出中。

その中でも一番値段の安い、
"Monopole"
を予約。

朝食込み、インターネット込みで、65.60ユーロ。
観光地でこれは安い。
もっとも、入り口の滅茶苦茶狭い駐車場が、12ユーロ/日。

フランスの道路は走り難い。
標識が読めないから、歩行者道路を走ったり、電車専用レーンを車で走った挙句、やっと到着。

BW06.jpg

可もなく、負もない外見。
曇り空だったのでHRD。

受付には、愛想のいいフランス人のお姉さん。

BW05.jpg

「ドイツ語を話すと嫌われる?」
と余計な心配をして英語で見栄を張りました~。

受付の横にある椅子が気に入りました。

BW04.jpg

アンテイーク調。
座り心地も良かったです。

肝心の部屋ですが、

BW01.jpg

ダブルベットじゃなかったのが残念です。
たかが一泊なので、可。
ベットは快適です。

マイナスは部屋が狭いこと。

BW02.jpg

ここで仕事をするのはしんどい。
テーブルに、ファイルも載せられない。
なので、観光用のホテルです。

ただしインターネットは、それほど早くないですが、使えました。
部屋が狭いのに、滅茶苦茶広いバスルーム。

BW03.jpg

シャワーブースと浴槽がありますが、シャンプーなし。
すべて液体石鹸で代用。
たかが一泊なので、可。

おフランスらしく、トイレは別部屋。

朝食はビュッフェ形式。
もっともそれほどメニューが多くありません。
ま、あの値段じゃ仕方ない。

チーズの種類だけは豊富。
流石、おフランス。

席に付いても、
「どの部屋にお泊りですか。」
と誰も聞いてきません。

レセプションを通らないと、朝食部屋には入れない構造。
なので、無駄な手続きを省略しているようです。

ホテルから、レストランが集中するLe Petiteまで徒歩10分。
カテドラルまで徒歩20分。
駅から徒歩10分。

タイ人のように、
「500mも歩くのは嫌。」
という方でなければ、我慢のできる距離。

シュトラースブルクで安いホテルをお探しの方にお勧め。
利用したのが3月の上旬。
5月以降、宿泊費があがると思います。

このホテルの最安値を検索する

凄いぞ、早いぞ、サムスン SSD

SSDをノートに入れてから、早くも1ヶ月。
電源を入れるのが、毎回楽しみ。

今まで遅いハードデイスクで我慢していたのが、信じられない!
まさに別世界。
次元の違う速さです。

すでにノートを買った時、
「何でこんなに遅いの?」
状態。

「パソコンが遅い!」
と愚痴れば、
「RAMを増やせば早くなる!」
と言われます。

これを信じて4GBのRAM増量。
合計8GB。
今から思えば、全く無駄。

SSDにすると、
「あっ!」
という間に処理されてしまうので、RAMが3GBに達することはなし。

8GBなんて、
「宝の持ち腐れ。」
以外、何物でもなし。

「RAMは安いから。」
と安い解決策を選ばないで、最初からSSDを買ったほうがいいです!

ノートパソコンに内臓のハードデイスク、最新、最速の物で80Mbps(読み取り速度)です。
Samsung SSD 830はなんと520Mbps。
比較にならんす。

今、販売されているSSDの中では、Samsung SSD 830、コストパフォーマンス最高。
もっと安いSSDもあります。
安いといってもたかが10~20ユーロ。

小銭を削ると、スピードが落ちます。
さらにシステムエラーで、パソコンが立ちあがらないことも。
危険を冒すのは、割に合いません。

どうせ買うなら、10~20ユーロ大目に払って、定評のあるSSDを。

大事なのは保障期間。
ドイツで買うと、Samsung SSD 830は3年保障。

3年持てば、
「元が取れる。」
ので、壊れても安心。

SSDの寿命を延ばすため、ウインドウズのデフラグはオフにしておきましょう。
運がよければ、4~5年持ちます。

あまり容量の大きなものは、(まだ)買わないほうがいい。
SSD、今、黎明期で値段がガンガン落ちています。

値段だけじゃなく、技術の進歩も凄い。

インテルが、新しいSSD 910シリーズを発表。
読み込み速度、驚くなかれ最高2Gbps!!

2Gbpsですよ。
信じられない。

今、
「超~早い。」
と感激しているサムスンの4倍!

みなまで言えば、
「ハードデイスクの25倍。」


文字通り、桁違い。
一体、日本企業は何処に?

今後、パソコンを買うなら、絶対SSD。
「でもSSDが入っているパソコンはは高いんだよ!」
とお嘆きの方、安心あれ。

メーカー側も、
「高いと買い手がつかない。」
のを恐れて、HDDとSSDのハイブリット型を販売しています。

例えば、HP Pavilion
システムだけに使用する、20GBの小さなSSDを搭載。

データの保管などは、従来通り、安いHDDに行います。
これによりSSD搭載のノートパソコンが、1000ユーロ未満で買えちゃいます。

買った当時は、
「早~い。」
でも半年後には
「遅~い。」
と嘆くのがウインドウズ。

買った当時から、
「遅~い。」
と嘆くのHPのノートパソコンの場合、他に選択肢なし。

最近では、デスクトップでもハイブリット型が出てきました。
例えば、HP 8200 Elite シリーズ
モデルにより、SSDとHDDの両方が搭載されてます。

ちょうど今年は、デスクトップ買い替えの年。
今からデスクトップを物色中。

今回は何処の会社にしようかな~。



Calendar
<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
Link
                                
admin


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80