eine weitere Folge von; "Weniger ist mehr." Ist das wahr?

出た!
ソニーのα7

世界初、フルサイズのシステムカメラ。

「そのシステムカメラというのは何ですか。」
という人の為に、少々、わき道に。

日本語の
「一眼」
に相当するドイツ語は、
"Spiegelreflexkamera"

日本語とは大きく異なります。

ドイツ語を翻訳すると、
「反射鏡カメラ」。

やっぱりドイツ語。
こちらの方が、実態を良く表しています。

つまりカメラの中に鏡が入っているのが、一眼です。
システムカメラには、鏡が入っていないので、システムカメラと言います。

長点
鏡が入っていないので、小型化が可能。

欠点。
レンズが捕らえた画像を、電気信号に変えてファインダーに送るので、電気の消耗量が高い。
結果、予備の電池が欠かせない。

その他、ファインダーの映像にも少し難有り。

ニコンやキャノンは、
「写真は一眼で撮るものだ。」
とシステムカメラを軽視。

一方、
「一眼では、キャノンとニコンに適わない。」
と思ったのかどうか、そこは不明。

オリンパスやパナソニックは、システムカメラに力を入れて開発。
システムカメラのさまざまな欠点を改善。

途中からソニーも参戦。

一眼とほぼ同じ性能のカメラになりました。
唯一の欠点は、相変わらず、電気の消耗量。

技術とマーケットが確立してから、
「目指せ!柳の下の二匹目の泥鰌!」
とニコンとキャノンもシステム カメラに参戦。

もっとも申し訳程度。

これまで販売されてきたシステム カメラは、
"APC-S"
あるいは、
"MFD"
と呼ばれる小さいサイズのイメージセンサーを使用したシステムカメラのみ。

ソニーは世界で始めて、
「フルサイズ」
のイメージセンサーを搭載したシステムカメラを開発。

と言うのも、ニコンやオリンパス、パナソニック、さらには皆さんの携帯電話に入っているイメージセンサーはソニー製。

そう、かっては家電で
「ブイブイ」
言わしていたメーカーですが、今やイメージセンサーでは世界一のシェア。

自家製のイメージセンサーを使用して、システム カメラを製作。
結果、かっては考えられない安価で、フルサイズカメラを提供。

これは凄い、欲しい!

しかし、精密機器を販売直後に買うのは危険。
以前、ソニー製のデジカメを買ってドイツに持参するも、初期不良品。

「どうしたらいいですか。」
とソニーに尋ねるも、無視された苦い経験が。

そこで初期不良が発見、改善されるまで待つことに。

案の定、
「AFが不正確。」
というコメントが。

ファームウエアの更新でも大きくは改善されず。
二代目が出るまで待ったほうがよさそう。

すると今度は Fuji Filmから、
X-T1が販売。
おおお、カッコイイ!

富士フィルムって結構、凄い会社。

フィルム御三家だった、
"Agfa"
"Kodak"
はデジタル化の波に乗れず、倒産。

唯一、富士フィルムだけデジタル化にうまく乗りました。
さらには、技術力。

"X-Trans"
という独自のイメージセンサーを開発。

「"APC-S"サイズで、フルサイズと互角な画像が。」
可能になったか、ならないか、という宣伝をしています。

流石にフルサイズには勝てないが、近いレベルまでの画像を出せるセンサー。

初期の富士フィルムのシステム カメラ、
"lahme Ente"(足の遅いアヒル)
と言われたほど、AFが遅かった~。

しかし、今や、
”Fast AF"
と宣伝するほど、大幅に改善。

手にとっても、メタル(金属)のボデイーは高級感に溢れます。
う~ん、欲しい。

しかし、精密機器を販売直後に買うのは危険。
半年待って、初期不良が改善されたら、買うぞ!


"Weniger ist mehr." Ist das wahr?

「カメラなんか海外で買ったほうが安い。」
という、
「国内高値説。」
が存在しています。

某、
「○○.com」
でも、
「日本企業は、国内で儲けて海外で安く売ってる。」
と日本企業陰謀説に花が咲いています。

実際には、逆。

目安ですが、日本円で、
「10万円」
のカメラは
「1000ユーロします。」

すなわち日本の方が3~4割安い。

この説の起源は、日本人が大挙して海外旅行に出かけ始めた70~80年代の話。
当時は、本当に海外の方が安かった。

当時、円が安かった。
当然、海外に行けば、日本製は安い。

しかし、今や逆。

海外で売るカメラは海外の規格に合わせる必要が。
欧州なら、EUの言語でカメラのメニューを作成。
さらにその言語で使用説明書を同封しなくては。

これには金がかかります。

その手間がないカメラは、日本で買うと、
「激安」
です。

これに目をつけて、ドイツのアマゾンで、
「超特価」
価格で日本のカメラを売っている人が居ます。

ただ、関税について知らない。
又、ドイツ語もわからない。

そこで大事な部分が空欄。
これでは買う人は少ない。

ちゃんとドイツ語で説明すれば
「いい商売」
になると思います。

「でも日本のカメラには英語と日本語しかないよ。」
と心配される方も。

ドイツ人は英語、OKっす。

「でも取り扱い説明書が日本語だけだよ。」
と心配される方も。

ドイツ人はメーカーのホームページからダウンロードします。
ドイツ人にはそれでOKっす。

「でも保障が日本国内だけだよ。」
と心配される方も。

そこは合理的なドイツ人。
海外製品、国内で保障が効かないのはドイツ人は100も承知の上。

それよりもドイツ国内より、
「3~4割も安い。」
は魅力です。

もっとも関税や送料を考えると、2割くらいの差額。
それでも高価なカメラだと大きな節約に。

そこで、
「今のうちに」
カメラを買うことに。

資料を掘り返してみれば、カメラを買ったのは2010年。
おおお、もう5年も昔じゃん!
十分、元は取ったぞ!

最初に目をつけたのは、オリンパスのOM-D EM-1

最初見たときは、
「なんという醜いカメラ」
と一気に買う気が消散。

ところが半年もすると、
「悪くない。」
と思える不思議なデザイン。

オートバイで言えば、鈴木デザイン。

オリンパスのどこがいい?

まず全部、メタル(金属)。
手に取ると高級感に溢れます。

そして軽い。
あの軽さは魅力。

そしてグリップ。
「小指一本」
下からはみ出しますが、OM-D EM-5 よりは格段に握りやすい。

それに別売りのグリップをつければ、
「小指問題」
も改善。

又、写真のサイズが
3:4
なのも魅力。

ホームページで使いやすい。

勿論、欠点もあり。

システムカメラの欠点、NR.1はバッテリーの悪さ。
250枚で終わり。
予備は欠かせない。

さらにオリンパスのイメージセンサー、小さい。

ドイツ人女性は、
"klein aber fein"
と言います。

でもセンサーは別。
センサーは大きいほうが(基本的に)いい写真が撮れる。

小さなセンサーでは、暗い場所ではISOが上昇、写真が荒くなる。

欠点はそれだけ。
長所が欠点を上回ります。

「やっぱり、OM-Dかな。」
と家電量販店でいじっていると、
「ちかじかフルサイズのシステムカメラが出るそうですよ。」
と耳打ちしてくる店員。

なんと!
これで小さなセンサーの問題が解決されて、ほとんど欠点のないカメラが登場!?

「待ては回路の日より有り」
しばし待ってみよう!


虎の背に乗る者

2006年。
ドイツでワールドカップ サッカー開催。

これまでは、
「車」
「ビール」
「ソーセージ」
でしか知られていない国が、報道のメインに登場。

それも連日。

お陰で、
「ドイツに留学しよう!」
という人が大幅に増え、大忙し。

ワールドカップ様様。

なんでも当時は留学が、
「流行って」
いたようで、それは大変な活況でございました。

少なかった貯金が、増え始めたのもこの頃。

「毎月、十分過ぎる収入があるので、貯金なんて必要ない。投資して儲けてやろう。」
と思い始めたのが運のツキ。

2000年、
"Dotcom-Blase"
と呼ばれたバブルが崩壊。

2003年まで株式は続落を続けます。
そこからゆっくり回復。

2006年はサッカー景気。
気分がよくなると、景気がよくなり、景気は回復。

DAX(ドイツの株式)は2006年に5000台。
2007年には8000台。

「乗り遅れた~。」
と思っていたら、2007年にサプライム危機が表面化。

これまで、
「イケイケどんどん!」
だった株ががっくり値を落し始めます。

その中で高騰を続けていたのが鉄鋼株。

中国も景気がよく、
「幾ら輸入しても鉄鋼が足らない。」
という状況。

一株が150ユーロを越え、160ユーロ近くまでいったのが
"Salzgitter"
という会社の株。

得意分野はパイプライン。
ロシアから欧州へのパイプラインなど、この会社の特殊なパイプラインが使われています。

「株式アナリスト」
は、
「株価目標200ユーロ!」
と謳っています。

この株価が、2007年には100ユーロを切って98ユーロまで
「暴落」。

「今買えばボロ儲けができるぞ!」
と購入。

実際にはボロ儲けではなく、
「眠れぬ夜」
の始まり。

まずは、リーマンショック。
しかし鉄鋼業界はそこそこ好調で60~70ユーロをキープ。

「今買えばボロ儲けができるぞ!」
と追加購入。

ここで世界的な不況がやってきます。

車は売れないし、建築現場は閑古鳥。
鉄鋼なんて誰も要らない。

株価は40~50ユーロまで暴落。

もう、
「毒を食らわば皿まで」
で追加購入。

すると中国も不況になり、余った安い鉄鋼を欧州に輸出。
それもダンピングで!

鉄鋼会社は、
「作れば幾らでも売れる。」
と次々に新しい溶鉱炉を建設していたので、ただでも供給過剰。

そこに中国の安い鉄鋼。

誰もドイツ製の高い鉄鋼なんか買わない。

毎年、赤字に赤字が続きます。
株価は30ユーロまで暴落。

この会社、営業成績は悪いんですが、いい会社。
儲かっていたときに、ちゃんと貯金。
会社は十分な現金を保有。

又、
「できるだけ解雇はしたくない。」
というドイツでは珍しい会社。

会社が赤字になっても自転車操業。

流石に2013年には、
「このままでは会社の未来にも暗雲が。」
とやっとリストラを開始。

大不況から、5年経って。

しかしリストラは金がかかる。
会社の業績はさらに悪化。
株価は21ユーロまで暴落。

かって150ユーロですよ!

ドイツには、
「虎の背に乗る者」
という
"Redewendung"
があります。

どういう意味だか、わかりますか?

「わからん。」
という人は、一度、虎の背に乗ってください。

すると、もう下りられません。
下りたら、食われます。

まさに同じ心境。
今、下りたら、これまで貯めた貯金がパー。

「今更、下りれない。」
と追加購入。

合計2000株。

2015年になっても、
「会社が立ち直るのは2017年くらいになる。」
と社長がコメント。

やっと上がり始めた株価が下落に転じます。

ところがその同じ社長が、
「2015年の1~3月期は思ったより良かった。」
と数週間後にコメント。

さらにEUが、中国製の鉄鋼に罰則関税の適用を議題に上げます。

すると株が上がる~上がる~。
1ヶ月で20%上昇。

そして遂に8年ぶりの黒字!
すぐに売りますた~。

売ったら、翌日、7%も上昇。
く~。

なんでいつも、
「買ったら下がる、売ったら上がる。」
なんだ!

とは言っても、
「塩漬け」
だった株の
「ひとつ」
が無事清算できてほっと一息。

これで引越し資金ができたぞ!

建前

日本は建前社会。

心の中では、
「この○○!」
と考えていても、
「こんにちわ~。」
と笑顔で対応するのが義務。

これをしないと、
「あの人は挨拶もしない。」
と叩かれる。

人それぞれ。
好きなようにさせればいいと思いませんか?

タイが大好きなドイツ人は、
「微笑みの国」
の対応を、
"Nett aber herzlos"(親切だけど、心がない)
言います。

聞けば、日本語にも
「慇懃無礼」
というぴったり合う言葉があるそうな。

ドイツでホテルにチェックインする際、
「ニコリ」
ともしないドイツ人。

とりわけ個人経営のホテルにこの傾向があります。
慣れれば平気。

逆に理由もなく微笑まれると、
"hinterhältig"(何かろくでもないことを考えている。)
なんて言うドイツ人まで。

それはいくらなんでも勘ぐりすぎ。

と思っていたんですが、日本に帰って、
"von einem Besseren belehrt"
(これまで信じてた事が違うことを体験したという意味。)
を体験。

ドイツのジム。
昼間のスタッフは一人だけ。
客が少ない時間に二人も勤務されたら、人件費が上昇して赤字。

その唯一のスタッフも、
「今、新聞を読んでいんだから邪魔しないで。」
モード全開。

ジムに入っても、顔も上げません。
メンバーは顔で覚えているので、誰もチェックなんかしません。

「帰るから駐車チケットを清算して。」
と言えば、
「ちっ、面倒だなあ。」
という顔。

20年住んでも、
「ドイツ人最低。」
って思ってますた。

ところがこれに慣れると、
「楽しくもないのに、なんでニコニコ微笑むんだ!」
と日本のジムのスタッフに違和感を覚える重度のドイツ病。

日本のジムでは、会員証を毎回提示。
その為だけに、スタッフが一人必要。

ドイツ人に言わせれば、
"verbranntes Geld"(無駄に燃やされる金)
です。

日本人は、
「スタッフが多くて、安心。」
って思うでしょうが、スタッフが多ければ、コストが上昇。

そのコストを回収するのは会員費。
だから日本のジムは、ドイツのジムの2倍の費用。

「こんにちわ。」
なんて言ってくれなくていいから、スタッフ減らして、会員費下げて!
って思いませんか?

ちなみに、スタッフの質はドイツ並み。

「一体いつになったら、15Kgダンベルは復活するの?」
と聞けば、
「調べて回答します。」
と言われたのが1年前。

未だに何も言ってこない。

愛想がいいだけで、役に立たない。
ドイツ人の場合、愛想が悪く、さらに役に立たないが、せめて安い。

日本式は人件費がかかるだけ。
なら、愛想のないスタッフを一人だけおけば済むじゃん。

といつの間にか、
「ゲルマン化」
してる自分を発見。

建前社会の欠点は、真実がわからない事。

ダンベルなんか、壊れたときから、
「再導入はしない。」
と決めていたのに、半年も
「修理中」
で誤魔化し。

「時間をかければ、相手も忘れるか、何度も聞くのが嫌になる。」
という戦法。

日本人が本心で何を考えているのかわからない。

何かを聞けば、
「調べて回答します。」
と模範解答。

これを翻訳すれば、
「1年経っても覚えていたら、また聞けば?その時は私はもうここに居ないから。」
という意味。

ドイツに住んでいるときは、
「ドイツ人最低。」
だったのに、
「せめてドイツ人は本心を隠さなかったな。」
といつの間にかドイツ人の見方(味方)。

日本は建前、曖昧が尊重される社会。

でも正直に、
「それはできません。」
と言ったほうが、お互い時間を節約できる気がしません?


Ein Tag gleicht dem anderen

「えっつ、お酒のまないの?」
って聞かれます。

初めて食事に同行する方は。

酒は飲みません。
最初の原因は日本の酔っ払い。

みっともない。
はしたない。
情けない。

「反面教師」、
「人の振り見て我が振り直せ」
と快挙に暇がない日本の故事。

「同じぶざまな様を呈したくない。」
というのが最初の理由。

これは自衛隊時代の教訓。

第二の原因は趣味。
そう、ボデイービル。

酒を飲むと、水分が抜けて軽い脱水症状。
二日酔いは言うに及ばず、体が重い。
こんなコンデションでトレーニングなんてできない。

おまけに折角、
「うっ、、。」
と喉奥にこみ上げるものを飲み下し、
「苦~い。」
思いをしているトレーニングが無駄になっちゃう。

皆まで言えば酒が、おいしくない。
おいしくない上、翌日、体がだるくなる酒なんか、飲む気にならない。

ストレスが貯まれば、酒ではなく、トレーニングで解消。

トレーニングでも解消できなくなると、
「もう辛抱たまらん。」
とタイに逃避。

プールで半年振りに日に当たっていると
「す~。」
とストレスが抜けていきます。

早い話、ドイツでの生活は仕事とトレーニングの二本柱。
楽しみは、テレビくらい。
これが結構、充実してた~。

日本に帰っても、生活のメインは仕事とトレーニング。
「大差ない。」
と思っていたのに、偉い差があることを発見!

まず仕事。
電話が多過ぎ。
それも仕事に関係ない電話が。

ある時電話に出ると、
「今度、娘がドイツのダンス学校に入学するんです。」
とお母さん。

「それが私に何の関係が?」
と聞けば、
「ドイツの事はここで聞けばいいと、お聞きしました。」
との事。

誰だ、勝手にそんなアドバイスをしてるのは!

そう、
「ドイツの事はこの会社に聞いちゃえ!」
と日本津々浦々から問い合わせの嵐。

そのお母さん、19時過ぎに電話して、終わったのが20時半。
延々、1時間もお話を聞きますた。

皆まで言えば、その後3回も。

ある時は、
「ハイデルベルクで話を聞いてきたんですが。」
とお母さん。

その場に居なかった私に言われても、話が見えない。

「それが私に何の関係が?」
と聞けば、
「ドイツの事なので、こちらでお聞きすればいいかと思いました。」
との事。

「ケチケチしないで、教えてあげればいいじゃん。」
って思われるかもしれません。

お話を聞くことで、お給料が出て、年金も払ってくれるなら、OKっす。
ところがそうじゃない。

お金を稼がないと、お給料は出ない。
家賃も払えない。
年金も出ない。

だからお仕事を優先しなくっちゃならないんです。

これ以上、電話に出るのは無理。
ホームページから電話番号削除。

困ったのはドイツとの連絡。
時差の為、17時(冬時間)まで(ドイツに)電話ができないっ!

17時に電話しても、まだ出勤していない。
「午後から来ます。」
なんて日には、夜中の23時に電話。

仕事が残っていると落ち着けない。

そして肝心のトレーニング。
期待はしていなかったが、岡山のジム、しょぼい。

プールと有酸素運動ばかり。
フリーウエイトなんかお情け。
おまけにボデイービルなんかしていない素人が揃えた器具。

古い。
20年物。
座っているだけで、膝が痛い。

おそらく無名な日本のメーカー。
トレーニングするポジションが悪過ぎ。

ベンチは細すぎ。
背中が半分以上はみだして、体が揺れる。
危ない。
使えない。

おまけに30kgくらいある無用の長物。

一度、ジムで15kgのダンベルが壊れると
「修理中」
の看板が。

半年後、看板がなくなって、13kg から17kgに間が飛んじゃった。

ダンベルなんか、中古で買えば数千円。
その数千円も投資してくれない。

しかし有酸素運動の機器はいきなり30台も新調。

ボデイービルはまるで、
"Stiefmutter"(義理の母)
のような扱い。

おまけに器具の座る部分、背もたれは穴だらけ。

「ボデイービルには1円も投資しない。」
という姿勢が丸見え。

義理の母だから仕方ない。

そしてテレビ。
超~つまんな~い。

仕事とトレーニングが終わった後、寝るまでが苦痛。
一体、何をすればいい?

「俺はネットを見てる。」
という方も居ます。

しかし仕事で8~10時間、ネットと格闘。
仕事が終わって、さらにネットに向かう気力がない。

ドイツ人は、
"Kein Tag gleicht dem anderen."
(同じ日はふたつとない。)
と言います。

日本の生活は、
"Ein Tag gleicht dem anderen."
(毎日が同じ。)

ドイツの生活が、
「波乱万丈」
だったり、
「酒池肉林」
だったわけじゃない。

ただストレスを解消できる機会がふんだんに。

女性が居ないマッチョご用達のジム。
トレーニング仲間と冗談の言い合い。
くったくない、くだらない、下品な話に花が咲きます。

何を勘違いしたのか、稀に美人が来るんです。
これがとってもセクシーないでたち。

日本人女性は恥ずかしいのか、くるぶしまで隠れる長ズボン、だぶだぶTシャツという
「ダサイ」
服装でトレーニング。

魅力的なドイツ人女性は、
「それ水着?」
みたいな服装でトレーニング。

当然、皆が凝視。
注目を楽しむのが、ドイツ人女性。

鼻の先30cmの距離にほぼ水着の女性が立って、
「あなた日本人?」
なんて話かけてくると、一体、何処を見ればいいんだ!

流石、ドイツ人。
ちゃ~んと自分の武器を心得ています。

メンバーの国籍はドイツ人、ギリシャ人、イタリア人、トルコ人、ロシア人、それにかなり多いホモ。
それでもジムの中では人種差別なし。
ある意味理想的な小宇宙。

日本の社会は上下社会。

1日遅く生まれたら、
「後輩」
として隷属を強要されます。

"ohne mich!"

ドイツ人は、会社でも上下関係なし。
平等な人間同士の付き合いができます。

「俺は先輩だから尊敬しろ。」
なんて思いもしない。

楽。
すぐに知り合いができちゃう。
大概、マッチョな日本人なんて何処のジムにもひとりだけ。

興味をもったドイツ人が勝手に話しかけてくる。

もっとも半分くらいホモ。
それでも話に花が咲く。

日本のジムでは、話相手が居ない。
日本の生活、つまんな~い。

タイの友人は、
「でも日本はスーパーの刺身でもうまいじゃん。」
と日本飯最善説。

たしかに上手い。
今、焼きウドンにはまってます。

しかし朝飯はコーヒー。
昼飯は俺の塩(カップめん)
唯一の楽しみは夕食。

これだけで、20年辛抱するのは無理じゃない?



Calendar
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
Link
                                
admin


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79