ブログのお引越し

プラットフォームの調子が悪く、更新がうまくいきません。

時期もいいので、
「後編」
こちらに掲載してきます。

Wo dein Herz schlägt.

ドイツから持ち帰ったDVDを観ていると、
„Deine Heimat ist da, wo dein Herz schlägt."
って主人公が言うんです。

脈絡なく、感動。

日本に住んでると、
「束縛感」
「差別感」
「劣等感」
(順不同)を感じる日々。

わくわくするといえば、1日のメインイベントの夕食。

これだけで、
「ずっとここに住め。」
なんて無理。

日本に住まれている方には、理解できないかもしれません。

近くに海外から帰国した方が居ると、
「なんか違う。」
って感じませんか。

それが自由です。

時々、ドイツに留学されると、いきなりの
「自由」
に戸惑う方も。

だって、何をしても、誰も何も言わない、感心を示さないんです。

すると、これまで社会的な束縛で押さえこめられていた
「欲求」
が爆発。

ある日本人の話です。
彼女にとって、自由を表現するのは刺青。

いきなり刺青を入れ始め、
「日本に帰る前に、刺青だらけになるんじゃないかと心配した。」
と語学学校の経営者。

「日本人はドイツに来ると変わるよ。」
とその経営者は言います。

私に言わせれば、人が変わるではなく、やっと束縛から解放されて自由になっただけ。

その自由を20年も享受してから、いきなり束縛モロの生活。
その逆ならまだ慣れる。

これまでやってきたことが、
「やっちゃダメ。」
と言われたら、滅茶苦茶しんどい。

そんな時、
„Deine Heimat ist da, wo dein Herz schlägt."
(故郷は、君の心が休まる所。)
なんて言われると、もう涙物。

数ヶ月悩んだ挙句、
"Ich gehe nach Hause."
(家に帰る。)
と決心。

は~。
やっとドイツのアパート解約して、家財整理して帰国。
日本で苦労してアパートを契約、家財に車を購入。
又、アパート解約して、家財を整理しなきゃ!

おまけに毎日、仕事をしながらの引越し。

奥さんに、
「俺は会社があるから、引越しはよろすく。」
なんて言える身分がうらやましい。

もっとも奥さんいたら、
「あなた何考えてるの?」
なんて言われるな。

「とりあえず、右のポケットにように知っているデユッセルドルフに帰るかな。」
と思って、アパート探しを始めたのが5月。

しかし!
今のドイツは空前の不動産ブーム。

かって880ユーロで借りていたアパートは、今や4桁に。
築2000年の中古アパートなのに、家賃が上昇してるんです!

Bilk地区に出来た新築物件。
電車の路線沿い。

70平米のアパートがなんと家賃1100ユーロ!(warm)

払えない額じゃないが、払いたくない。

対策は2つ。

1.希望(レベル)を下げる。
2.他の町で探す。

生活のレベルは下げたくないので、他の町で探すことに。
では、一体何処に?

新天地の条件。
国際空港まで、1時間以内で行ける事。

タイまで飛行機で12~14時間。
その後、電車で2時間なんて拷問以外の何物でもなし。

そして日本人が多く居ること。

「奥さんを見つけよう!」
という魂胆ではなく、仕事。

会社のお客さんは、日本人。
日本人の多い町、あるいはその近郊なら便利。

この条件をクリアした候補は3都市。

第一候補はノイス。
デユッセルドルフの郊外で、家賃も少し安い。

第二候補はベルリン。
なんといってもドイツの首都。
帰国前に視察したら、見違えるほど綺麗になってた!

第三候補はアウグスブルク。
帰国前に出張に言って、気に入っちゃった。
ミュンヘンまでICEで20分。

ここで恒例のクイズ。
引越し先は、上記の3都市の何処になったでしょう!?

回答は次回のお楽しみ。

先回のクイズの回答。

以前、以下の写真をアップしてました。

steckdose (2).jpg

「わざわざ(タイで)買って持ってきたのに、使えない!」
と書きました。

これ、ドイツのコンセントですよ~。

気が付きました?




新天地を探せ!

このホテルは屋上にプールがあります。

18.06 (6).jpg

ただし。
エレベーターが、プールの下の階で止まるので、最後の階は階段で登りましょう。

このホテルのいい点は、宿泊客が(まだ)少ないこと。
プールで過ごす客の数もまばら。

毎回、デッキチェアーを確保できます。

この日は、ぷっくりお腹の出た中国人とその
「お連れ様」
だけ。

話はそれますが、
「鼓腹撃壌」
ってまだ覚えてますか。

「満腹で腹つづみをうち、足で地面をたたいて拍子をとる。」
事らしいです。

タイでもこの格好をしている
「置物」
をお土産屋で売ってます。

あるドイツ人の家に、この置物があったんです。

「これは中国の故事からきているんだよ。知ってる?」
と聞けば、
「いや、これは仏陀だ。お土産屋の主人がそう言った。」
とドイツ人。

高等教育を受けた日本人より、金儲けが目的で出鱈目を言う街頭の露天商を信用するドイツ人。

「いや、そうじゃなくって。」
って言いたくなりますが、放っておきましょう。

間違っていても、本人が幸せならそれでいんです。

ちょうどタイ人の必修アイテム、
「プラー」
みたいなもの。

本人が、
「ご利益がある。」
と信じていれば、何でもいんです。

日本のお守りだって、同じ類。

で、アジア人の男性はシャツを捲り上げて
「醜いお腹」
をさらけ出しますね。

中国、タイなどでよく見かけますが、お腹の出ている日本人も同じ格好をしてました。

これって、
「鼓腹撃壌」
の影響?

それとも妊婦さんが、お腹をかかえるのと同じ心境?

英国人は暑いと上半身裸になります。
以前、上半身裸の英国人と話していると、いきなりタイの王族がパタヤにご到着。

交通は遮断され大渋滞発生。

それだけでは済まず、
「風紀警察」
が登場。

「お見苦しい姿」
をさらしている外国人は、
「消えろ!」
と警察にソイの奥に追い込まれますた。

その1時間くらいして王族が、警察の先導ですごい勢いで通りをすっとんでいきました~。

話を戻します。
滞在中、韓国人の観光客もみかけました。
何故か、男二人が30平米程度の狭い部屋に同居。

日本のアパートも狭いが、韓国のアパートも狭い。
狭いのに慣れているから、平気なのかなあ。

当然、大声で話すので、結構うるさい。

「寝たいからちょっと静かにしてください。」
と言うと、以後、静かになりました。

流石、儒教の国。

これが英国人だったら、
"Fuc○ off!"
って叫んできます。

一度、日本人のお爺さんもみかけました。

「なんで日本人とわかったの」
と思った方、鋭い。

その叔父さん、いきなりプール脇でラジヲ体操を開始。
う~ん、日本だな~。

ここで質問。
タイに来る、中国人、韓国人、日本人に共通する現象は何でしょう?

答え。
休暇が極端に短い。

「隣の中国人うるさいな~。」
と思ってたら、翌日にはもう居ない。

ラジヲ体操のお爺さんも、見かけたのは1日だけ。

肝心のプールは、
「手前」
が子供用。

浅いです。

奥にいくと、1,60mまで深くなります。

狭いですが、人が少ないので、毎日、しっかり泳げました。

そうそう、初めてプールに行くと、そこはまるでデイスコ。
従業員が音楽をボリュームを目一杯上げて音楽を聴いていました。

「うるさいから、ボリュームを下げてくれ。」
と頼むと、ちゃんと下げてくれました。

最上階には、多分、英語ができない従業員を派遣してる様子。
全く通じません。
タイ語オンリー。

これが可哀想で、朝の10時にプールに行くと、すでに勤務中。
夜の10時に帰ってくると、客のいないレストランで勤務中。
一体、何時間働かされているんだろう。

ホテルのマネージメントは、
「辺境」
にあるこのホテルに客を集客するのに、必死。

滞在中、ホテルの写真を撮ってるカメラマンに何度か遭遇。

プール際で写真を撮り終えると、
「セット」
をそのまま残していったので、
「盗撮」
しますた。

29.05 (10).jpg

そうそう。
滞在中、ほぼ毎日、フランス人のカップルに遭いました。
女性は真っ黒。

最初は黒人かと思ったんですが、
「地黒」
ではなく、
「日焼け」
である様子。

皮膚がんになりそう。

2週間も毎日会えば、自然と会話になります。
なんでもムエタイの選手らしいです。
道理で黒いわけだ。

しかもそれがただの選手じゃない。
世界チャンプらしいです。

「来月、中国でタイトルマッチがあるので、練習中。」
との事。

その他、ドゥバイで働くスリランカ人、マッチョなアメリカ人女性ビルダーのカップルにも遭いました。

後者は怖くて話ができませんでしたが、前者とは
「ウマ」
が合いました。

休暇はいろんな人と知り合えて、自分では知ることのできない話、体験が聞けるので
「面白い」
です。

勿論、嫌な経験をする事も同じ数だけありますけどね。

というわけで、今回の訪タイは休暇です。

「えっ、タイに移住するんじゃなかったの?」
と思ってしまった方、お見事に思惑にはまりました~。

しっかり伏線も張っていたので、
「もしや?」
と思った方、鋭い洞察力です。

ドイツ人の言う、
"Zwischen Zeilen lesen."
というやつですね。

ちなみに、
「行き先はタイ!」
と書いて、
「移住先はタイ!」
とは書いていませんでした~。

"ein kleiner aber ein feiner Unterschied"
です。

では、ここでクイズ。

本当の移住先は何処でしょう。


1.  福岡
2.  カンボジア
3.  ドイツ
4.  その他

ちなみに、
「これモロじゃん。」
というヒント(回答)を、以前の話に盛り込んでいます。

気づきましたか?

答えは来週のお楽しみ~。



Adelphi Pattaya アデルフィー パタヤ

今日は、移動日です。

一瞬、
「BTSでエカマイまで行こうかな。」
とも思いましたが、すぐに放棄。

引越しの家財道具を抱えて、あの階段を登るのは無理。

レセプションに頼んで、ホテルの前を通るタクシーを呼び込んでもらいました。

ホテルの前は朝、夕、いつも渋滞。
ホテルの敷地から道路に出る前に、メーターはすでに40バーツ。

エカマイのバス停まで、ちょうど100バーツ。
なのにパタヤまでバスで2時間半で89バーツ。

「値段設定がおかしいぞ。」
と、いつも思っちゃう。

運よく、10分後に出るバスに乗れました。

ハイシーズンに来ると、
「満席」
で次のバスになります。

雨季様様。

今回、パタヤの宿に選んだのはアデルフィー パタヤ

過去の宿泊者の感想を読むと、
「ロケーション最高。」
「満点。」
「素晴らしい。」
としか書かれていません。

どう見ても、ロケーション最悪。
なのに、
「ロケーション最高!」
なんておかしい!

不審に思いましたが、値段の魅力にまけて予約。

パタヤのバス停でソンテウに乗り換え。
ホテルの名前を言っても、誰も知らない。

「えっつ、誰も知らないホテルなの?」
と早速、不安。

結局、
「PPマッサージの向かい。」
で一件落着。

よく、
「ロンドンのタクシーは、市内のホテルをすべて知っている。」
と言います。

タイのタクシーはホテルの名前なんか知りません。
大体、英語の発音なんかしたら、全く通じない。

その代わり、コミッションの取れるボデイマッサージ屋は知っている。

行き先の指示に困ったら、近くにあるボデイマッサージ屋を使うと便利。

もっとも、
「この客を連れて行けば、コミッションが取れる。」
と思われて、ホテルじゃなくてマッサージ屋に連れていかれる可能性大。

ホテルに到着。

18.06 (10).jpg

まず最初の苦情。
入り口までの階段。

18.06 (11).jpg

右側に
「申し訳」
のスロープが。

使える代物ではなし。

幸い、ホテルのスタッフが重いスーツケースを運んでくれました。

この辺はきっと雨季には水没するので、
「高床式」
になっているのでしょうが、帰ってきて、階段を登るのは面倒。

さらにドアは自動ドアじゃなく、手動。
今時、ホテルの正面入り口が手動なんて珍しい。

マイペンライ。
自動だろうが、手動だろうが、レセプションに住むんじゃないからどうでもいい。

手動ドアを開けて入ると、
「サワデイーカー」
と、愛想笑いで迎えられると想定。

こちらも愛想笑いを浮かべていたのに、挨拶なし。
というか完全無視。
スタッフ同士でおしゃべりに熱中。

タイの三流ホテルは何処もこんな感じです。

マイペンライ。
レセプションのお姉さんを口説きに来たんじゃない。
こちらも愛想笑いから、一気にビジネスライクに変更。

鍵をもらってお部屋に移動。
お部屋は7階。

これがおかしな構造。
ちょうどプールの下にある部屋。
部屋にたどり着くには、まずは階段を登って、また階段を下りて、その奥にある部屋。

このホテル、何処に行っても階段ばかり~。

ホテルのスタッフは、
「あなただけの角部屋ですよ。」
と言いますが、部屋にたどり着く前に、ホテルの中で階段を登るのに辟易。

肝心の部屋は、

18.06 (1).jpg

新しく、

18.06 (2).jpg

広いのですが、窓はこのひとつだけ。
まるで牢屋。

部屋の構造、位置から推測するに、かっての物置を客室に改装したんじゃなかろうか。

バルコニーないから、スリッパを洗っても、干せないぞ。

椅子とテーブルの高さもいまひとつ。
仕事をするのはしんどかったです。

またおかしな場所にあるソファー。
あそこに座って、ベットでも眺めるのかしらん。

シャワー室は、

18.06 (5).jpg

広くて綺麗。
まだカビが生えていません。

ただシャワー室、水はけ悪し。
ここでも床を水平に作っている。
当然、水が流れない。

1年後には、カビが生えて真っ黒になっているでしょう。

マイペンライ。
まずはお仕事。

ノートパソコンを取り出して、無事、ネットにアクセス。
あまり早くないけど、使える遅さ。

ところがすぐに、
「バコン!バコン!」
というものすごい音。

さらには、プールの水でも抜いているような音。

17時過ぎになると静か~。
騒音もなく、夜はぐっすり。

ところが朝の8時過ぎ。
「バコン!バコン!」
というものすごい音。

さらには、プールの水でも抜いているような音。

我慢できずに、レセプションまでダッシュ。
「改装工事でもしているの?」
と聞けば、
「その通り。」
との回答。

そう、まだ改装工事中だたんです、このホテル。
まあ~うるさい。

周囲に工事現場がないので、
「ラッキー」
と思ってたのに、工事現場はホテルの中。

超~ブル~。

幸い、ホテルのマネージャーは仕事のできる方。

「他の部屋が空き次第、お引越し可能です。」
と慰めてくれました。

相手が誠意のある対応をしてくれたので、ここは我慢するしかない。
2週間分、予約して先払いしちゃっているし~。

3日後、5階に移動。
もっとも改装工事は6階らしく、
「バコン!バコン!」と相変わらず騒音。

さらに!
ドアがドア枠にぴっちりはまります。
隙間がない。

騒音が入ってこなくてよさそうですが、ドアを閉める際、ひっかかかります。

ホテルの住人は力で閉めるので、
「バコン!」
と大きな音がします。

夜中、何度も起された~。
音に敏感な人はこのホテルには向いていません。

又、5階の部屋は7階より狭いっ!
その代わり、大きな窓+バルコニー有り!

29.05 (2).jpg

洗ったスリッパは3時間でカラカラに乾きますた。

皆まで言えば、ローケション最悪。

20.06 (2).jpg

はるか彼方に見えるのがヒルトンホテル。
ビーチロードまで徒歩20分+汗200cc。

「俺はソイ ブッカオから出ない。」
という鉄人には、まさにうってつけのホテル。

そうじゃない方、せめてセカンドロードにあるホテルにしておきましょう。

根拠のない勘ぐりですが、ホテルが客集めの為、従業員や客に好意的な評価を書かせたとしか思えない!

もっともホテルの予約サイトにちゃんと、
"Pattaya Sai 3 Road"
と書かれています。

そう、このホテルはソイ ブッカオでもなく、サードロードにあるホテル。
ロケーションがいい訳なし。

これを見ない私も悪かったんです。

よっく思い返せば、1年前
「ホテルはやっぱりロケーション!」
と言ってたのに、すっかり忘れて同じ失敗。

来年は同じ失敗をしないぞ~。
多分。




安息日

「エンポリで19時に遭おう。」
とバンコク在住の友人。

ちなみに今や現地法人の社長。
社用車なんか買ってもらって、羨まし~。

同期生で一番の出生じゃないのか!

と思ってたら、
「真面目な会社はつまらん。」
と友人。

変わった人~。

ドイツ語で、
"Gleich und gleich gesellt sich gern"
(同じ者同士は好んで集う。)
というのは本当だったんです!

「アソークからエンポリまで10分。」
と見込んで、ホテルを25分前に出陣。

ところがアソーク駅は人、人、人。
電車を3本やり過ごし、やっと4本目に乗車。

お陰で3分の遅刻。

お互い自衛隊出身。
時間に遅れるのが、超~嫌。

「人が多くて、電車を3本乗り過ごしたよ。」
なんて言い訳をするも、
「貴様の遅れで、何人の兵隊が死んだと思っているんだ!」
と叫ぶ教官の姿が脳裏に浮かぶ。

この習性は、死ぬまで直りそうにない。

ここで一発、質問。
現地で働く日本人と、観光客、タクシーの選び方が違うことに気がつきましたか?

現地に長く住む人は、トックトックを平気で選ぶんです。
観光客の私は、クーラーの効いたタクシー。

料金が変わらないので、タクシーの方が
「お得」
と思うんです。

でも現地に長く住むと、暑いのに慣れたせいか、トックトックでも平気。

さらには、
「いつも止まっているので、タクシー探しをする手間が省ける。」
という手軽さが、クーラーの快適さを上回る様子。

案の定、現地人と化した友人はトックトックに一直線。
タクシーがいるか、周囲を見回すことさえしない。

ご搭乗。
フィリピンのジプニーみたいで、屋根が低く、取り心地は最悪。

運転手に巧みなタイ語で指示を出す友人。
「トラジロー」
だけしか聞き取れない。

「寅次郎で通じるの?」
と聞けば、
「わかった。」
って言っているんで、知っている筈だと友人。

半信半疑だったものの、無事、到着。
去年、会えなかったので情報交換。

「エンポリに完成していた大型ビルは何なの?」
と聞くと、
「ようわからん。」
という返事。

結局、何のビルなのかよくわからず。

カメラを持っていたので、撮影。

15.05 (39).jpg

流石、フルサイズ。
夜間撮影など、光が乏しい状況でその能力発揮!

翌日、エンポリまでシュークリームを買いにお出かけ。
ここに20バーツで買える、抜群に旨いシュークリーム屋があったんです。

ところが今回行くと、姿を消してる~。
超~ショック。

知っている店が消えると、町の魅力もひとつ減った気分になります。

その足で、昨日見た大型ビルを探求。

エスカレーターで上がって行くも、奇妙なビル。

奇抜なビルを建てることに集中して、空間が無駄になっている。
各階に店舗は2~3つだけ。
さびしい。

別の店を見るには、また階を変えなきゃ。
面倒~。

最上階にはレストランもあった気がしましたが、途中でUターン。
長距離歩いて、見る価値なし。

まさしく、
「ようわからん。」
という言葉がぴったりのビル。

建設にかかった何億というお金がもったいない。

ホテルでも作っていれば大繁盛だったろうに。
テナントが潰れて、空洞ビルになりそうな予感。

バンコクに来るまで、
「ギリシャが財政破綻して、ユーロがドルより安くなるんじゃないか。」
と大いに心配。

先回、1ユーロを43~44バーツで交換。
今回は38バーツを切りそうな予感。

ギリシャが破綻したら、35くらいまで落ちそう。
38を切ったら、タイ休暇はお預けです。

「善は急げ!」
とスーパーリッチで両替。

1ユーロ、37,95バーツの過去最悪。
く~。

次回の休暇は1ユーロ、40バーツが条件。
40未満なら、ユーロ圏のイタリアかスペインで休暇だな。

ここまで来たら、パンテイップはすぐ先。

「改装工事してたよ。営業しているか見てきて。」
という友人の言う通り、外装工事中。

中はしっかり営業中。

お目当てはコンセントアダプター&ソフト。

steckdose (1).jpg

コンセントに差し込もうとすると、

steckdose (2).jpg

一瞬、唖然。
見事に入んない。

なんという無駄。
わざわざバンコクで買って、ここまで持ってきたその労がもったいない。

徒労とは知らず、大汗をかいて喉が渇いたので、

17.06 (1).jpg

マンゴーシェイクで休息。
40バーツ。
よく考えたら、1ユーロ以上もするんだ。

昔はパタヤでしか飲めなかったお飲み物。
最近は、バンコクでもちょくちょく見かけます。

これまで一番うまいマンゴーシェイクはプノンペンの軽食飯屋。

pp_05 (7)-2.jpg

隣、通りの向かい側にも同じ店。
なのにここだけ長蛇の列?
何故に?

折角、プノンペンまで来たんだ。
試さずに、帰れるか!

英語が通じないので、身振り手振りで注文。

あまりの旨さに驚き!
喉が渇いていのが原因か?
道理で列ができるわけだ。

飲み干してから、また歩いて店に戻って
「お代わり」
を注文したほど。

なんて書いていると、飲みたくなるから不思議。
早く引っ越し先を見つけて、次の休暇はプノンペンだ!

見つかるかな、引越し先?







Calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
Link
                                
admin


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80