Pfadfinder24
ドイツ留学なら、ドイツのエキスパートPFADFINDER24にお任せ!
   お申し込み    お問い合わせ    会社案内    利用規約    サイトマップ
ドイツで暮らす 

> トップ   >  02> 03 >


ドイツで暮らす

ドイツに来て(観光客ではなく)、実際に生活してみると、ドイツのシステムは日本のそれと大きく異なっていることに気づきます。身近な所では自動販売機。まず自動販売機なんて、すぐに壊されてしまうので、駅のホームくらいにしか置いてありません。それもサッカーファンや酔っ払いに殴ったり、蹴ったりされるので、丈夫な金網の中に入っています。その使い方もドイツ的。日本では先にお金を入れますが、ドイツでは先に欲しい物のボタンを押します。この方法の利点は明からで、自動販売機が故障して貯金箱になっている場合、お金を募金してしまう危険を避けれます。さらにはボタンを押することで値段が表示されるので、値段を確認することもできます。
その他にシステムが日本と全く違うのは、電車の乗り方。日本では(新幹線を除き)ほとんど自動改札。有効なチケットがないと電車に乗れないシステムです。ところがドイツでは、どこの駅も無人駅方式。つまり、チケットがなくても誰でも電車に乗れてしまいます。このような人を無賃乗車に誘うようなシステムだと、チケットを買わないで乗車する人が後を絶たちません。この為、乗客が本当に有効なチケットを持っているか、チェックする改札員が電車を回って無賃乗車を取り締まっています。
このドイツ式システムの欠点は、システムに熟知していないとうっかり無賃乗車をしてしまう事。例えば、購入したチケットは乗車する前にEntwertenという処置が必要です。これはそのまま訳すと、「価値を失くす。」という意味。チケットはスタンプが押されるまでは、お金に戻す事ができる有価証券のようなもの。しかしチケットをスタンプ機に押し込んで、日付、時間をスタンプすると、お金に替えることができなくなります。つまりチケットの有価証券としての価値がなくなった、entwertenしたことになります。こうした処置をしないで電車に乗ってしまうと、有効なチケットを保持していても、無賃乗車(Schwarzfahrt)扱いで30〜40ユーロの罰金を科せられます。
又、市内を走る路面電車では、乗車後に車内にて自動販売機でチケットを購入して、車内でEntwertenが可能です。しかし近距離電車(S-Bahn)、長距離電車(RE,IC,ICE)ではこれが不可能です。こうした基本的なことを知っておかないと、トラブルになります。ドイツでは「知らなかった。」というのは言い訳、理由になりません。しかし、日本に居ながらこうしたドイツのシステムの詳細まで知ることはほぼ不可能。そこでこのページでは、ドイツで暮らす際に必要になるであろうと思われるドイツのシステム、慣習について紹介してみます。

Ladenschlussgesetz

「わざわざ言わなくても、誰でも知っている。」とここで紹介するのは割愛していました。しかし、「現地に到着したら(日曜日)、まずは学校に行けばいいのですか。」という質問を頻繁にいただくので、「日曜日は学校は閉まっている。」ことを知らない方が意外と多いことに気づきました。
ドイツでは、「第二帝国時代」に発布された"Ladenschlussgesetz"(閉店法)で営業時間が定められています。90年代は月曜日〜金曜日の9時〜12時、そして14時〜18時30分まで。土曜日は14時までという滅茶苦茶厳しい開店時間でした。仕事をしていると買い物に行けるのは土曜日だけ。それも午前中が勝負(午後に行くと棚は空)。当然、毎週土曜日はお正月前のような大混雑。レジの前で20分待ち。「15分以上待ったら、5ユーロ進呈。」なんて「サービス」もあり、辟易。折角の週末なのに、ゆっくり寝ているなんて論外で、ストレスが溜まりまくる、それはとても厳しい時代でした。
ようやく21世紀になってから大幅に改善されて、平日+土曜日は22時までお買い物が可能になりました。もっとも戒律の厳しいカトリック教徒の多いバイエルン州などでは、未だに18時まで。「日曜日はスーパーではなく、教会にいくべきである。」という教会ロビーの圧力で、未だに日曜日の営業は禁止されています。語学学校は言うに及ばず、スーパーも、理髪店も、店舗はガソリンスタンドを除きお休みです。例外は年3〜4回程度に限って許される"offner Sonntag"と呼ばれる営業日と、クリスマス前の4週間のみ。日曜日に語学学校に行っても、誰もいないし、ドアも閉まっています。
尚、観光客の多い場所、空港、駅などは日曜日でもスーパーが営業を許されています。値段はちょっと高いですが、他に方法がないので、週末にドイツに着く方は、空港のスーパーでお買い物をしてから、移動しましょう。

電話

今時、電話回線だけひく人はいないと思いますが、21世紀の初頭まではこんな感じでした。いろいろとサービスに不満はありますが、電話回線はドイツテレコムの所有物なので、最初は電話はドイツ テレコムで申請するのが一番早いです。電話をひくには、まずはイエローページなどで最寄のテレコムの支店を探して来店すれば、言葉が不自由な場合でも誤解、間違いを避けられる(筈)。長蛇の列に並んで自分の順番が来ると、電話を開設したい旨、係員に告げよう。すると住所の他に、(例えば)「2階の右側?左側?」あるいは、「前に住んでいた人の名前は?」と聞かれることになる。これは同じ住所の同じ階に、複数の人が住んでいる為に、住所だけではどのアパートに電話が必要なのか、はっきりしない為に問われる質問だ。あらかじめ大家さんなどに前に住んでいた人の名前を聞いておくといいだろう。

その後、電話番号は前に住んでいた人の料金をそのまま受け継ぐか、それとも新しい番号を希望するか、聞かれることになる。料金は、前の人の番号をそのまま受け継ぐ方がわずかに安い。しかし、この欠点は、頻繁に間違い電話がかかってくる事。ここに住人が引っ越したことを知らない人が、電話をかけてくる為。電話を取って、Ja, Hallo?と言うと、「一体、あなたは誰?」と驚いた相手が(自分の名前も名乗らないで)怒ったように尋ねてくる。それを聞きたいのはこっちの方。「あなたこそ、誰よ。」と言い返すと、やっと先方も落ち着いて、「実は、〇〇という人を探しているんですが、、。」となります。こうした引越し案内をするのは面倒なので、できれば新しい番号を申請した方がいいです。

最後に気になる料金。日本のように最初に7〜8万も請求されるのではなく、毎月、基本料金を支払う形式なので、安くあがって誰でも申請できる。基本料金は(電話だけなら)16ユーロ程度。これに初回のみ登録作業料みたいなものが26ユーロほどかかり、あとは実際に使用した電話代金が請求されます。

携帯電話

ドイツに留学されるからの問い合わせのトップ10に入るのが、「お勧めの携帯(会社)を教えてください。」というもの。もっとも少し考えてみれば答えは自分自身で見つかります。携帯会社の間で「えっつ!?」ってくらい差があるなら、高い値段の会社はお客さんが離れて商売になりません。日本だって、どこの携帯会社と契約しても、値段なんてほとんど変わりませんよね?ドイツでも同じです。「1セントでも安い会社を!」と言われる場合は別ですが、値段の差はわずかに数セント、大差ありません。
ここではそれよりも大事なことを紹介します。ドイツの携帯電話網は4社のみ。ドイツテレコム(かっての国営)、ボーダフォンE-Plus、それにO2です。O2は後発組で、元々、スペインの携帯電話業者、テレフォニカがドイツ市場に参入するために考案した会社名。最近ではテレフォニカの名前の方が知られているので、O2という名前を廃止、以後、テレフォニカで統一される方針です。でも現時点ではまだO2の名前で売られているので、ここではO2と書いておきました。(間違いではないです。)
2014年になってO2がE-Plusを買収したため、実質的にはドイツの携帯網は3社に限られることとなりました。これにより携帯市場が実質、3社で寡占されることになり、今後、日本のように携帯料金が上昇する事が懸念されています。
何故これが大事なのかと言えば、会社により携帯網に「穴」があり、電話を受信できないケースがあります。一番受信状況がいいのは、ドイツテレコム。かっての国営企業の資産を生かして、あちこちに強力なアンテナを立てており、受信環境はトップです。ついでボーダフォン、その次にE-Plus、そしてO2という順序です。大都会の街中では、「穴」は滅多にないですが、「大事を取って」とお考えの方は、上位の2社の携帯網(Netz)を利用されると、間違いがありません。
自社の携帯網を構築するのはお金がかかるので、この大手4社のNetzをレンタルして、営業している携帯電話会社が多くあります。特徴は安い料金、悪いサービス。この競争相手を迎え撃つ為、上述の大手も小会社を作って、別名で携帯電話網を販売しています。例えば、Congstarはドイツテレコムの小会社で、Fonicはテレフォニカの小会社、Simyo,Base、Blau.deはE-PlusのNetzを利用しています。この為、携帯電話の会社がたくさんあるように見えますが、自社のNetzを持っているのは4社だけですので、契約する前にどこの会社のNetzを利用する事になるのか、ちゃんと確認しておきましょう。
「1セントでも、積もればマウンテン。」と言われる方、こうした小さな会社は事実上、ネット上のみの運営なので、少々、電話料金がお安くなっています。勿論、サービスはありませんが、これは大手でも似たようなものなので、大手の名前の付いていない会社と契約すると、(小額ですが)費用の節約になります。

ドイツで自炊生活

ドイツで食料品を買い物に出かけて驚く(困る)のは、肉の売り方。日本のように豚バラ肉が綺麗にカットされてパックに収められている事はなく、骨、皮つきの豚の腹肉をぶった切って、パックに入れているだけ。ドイツ料理は焼く、煮るだけの単純な料理なので、この皮、骨付きのばら肉を焼いて、皮ごと食べます。しかしそのままでは日本料理には使えない。そこで豚ばら肉のスライス肉を食べたい場合は、自分で下準備するしかない。まずは(骨の少ない物を選んで)ばら肉を買ってきて、皮を剥ぎ、丁寧に骨を切り取って行く。これを冷凍庫で凍らせて、適度に硬くなったところで取り出し、お肉の切断機を使って一枚一枚切っていきます。これはとても時間のかかる作業で、豚ばら肉を食べようとすると、その準備に小1時間かかります。こうした努力を積みかさねて、日本に帰国して、豚肉のスライスが当たり前のように売られているのを見ると、感激物。

その反面、食料品は安いです。豚のばら肉がキロで4ユーロ(邦貨で560円)で、日本の1/3以下。ついセールス日にキロ単位で買ってしまいます。日本人が多く住むデユッセルドルフの肉屋や一部のスーパーは、日本人の為にスライス肉を用意しています。しかし、値段は通常の塊肉のほぼ倍。それでも日本よりは安いし、わざわざ固まり肉を買って自宅でスライスする人は滅多にいないので、こうした肉屋、スーパーは日本人に大人気です。

90年代、鶏肉はかなり高かったです。鶏肉の代わりに売られていたのはPutenと書かれた巨大な肉の塊。興味を引かれたので(安かったの)買って、唐揚げにしてみたが、お味は大味で、あまりおいしくありませんでした。ドイツ人には低脂肪ということで受けているらしく、当時は、脂肪の多い鶏肉は避けられて、Putenばかりが売られていました。最近は鶏肉も安く買えるようになりますが、それでも売り方がドイツ式。日本のように丁寧に骨を抜き取った「もも肉」なんてありません。がっつり骨つきです。それでも背骨まで。これを買って自宅で骨を取ることになります。慣れるまで、包丁で指を切ること度々。稀に骨抜きの鶏肉も売られていますが、豚肉とは違って、皮を剥ぎ取って売っています。正統派の唐揚げ(?)作るには、骨、皮付きの鶏肉の塊を買ってきて、まずは肉を切り分けることから始まります。

ドイツ人の主食はパンの他にジャガイモ、ビール、ハムとチーズなので、魚を食べる習慣はありませんでした。ところがここでも「魚はヘルシー」ということで、人気が出てきました。時々ホームステイをされる方から、「魚が食べられません。」と食事の希望をいただくことがあるのだが、心配無用です。ドイツ人は魚をレストラン等で食べることはあっても、家庭で調理するものではないと考えているので、魚が出ることはありません。ご存知の通り、ドイツで海といえば北海。ミュンヘンやフライブルクは、海から1000kmばかり離れているので、新鮮な魚は手に入りません。スーパーのお魚コーナーでは、緑色に変色しているマグロとか、身がぐすぐすに柔らかくなった鮭が売られているので、あれを見ると魚を食べる気はうせます。
  
デユッセルドルフでは、日本人が多いので、新鮮な魚を買うことができます。中央駅の裏手にあるアラブ人の魚屋はいつも日本人で一杯。またMetroという自営業者専門のスーパーでも充実した魚コーナーがあります。ただ、日本人にとって残念なのは(作業を面倒がるドイツでは)うろこを取ったりしないで、包丁で魚をぶつ切り(輪切り)にした魚を売ってます。ぶつ切りしない場合は、うろこを取るのが面倒なので、皮を剥いでしまっているので、皮をパリパリに焼いてこの食感を楽しむ事ができません。自宅で日本式の魚料理を楽しみたい場合は、魚(鮭)を半分、皮、うろこ付きで買ってきて、自宅でうろこを取ることになります。一人者だと鮭を半分食べつくすのに鮭三昧で3日ほどかかるのが難点。ドイツで手に入る鮭は養殖のノルウエー産。日本で買える鮭は冷凍物で味が抜けていますが、ドイツで買うと生物なので新鮮でおいしいです。
  
ドイツでは新鮮な川魚を食べることができます。代表的なものがZanderForelleで、主にムニエルにして食べます。これはおいしいので、お勧めです。珍しいところでは、Karpfen(鯉)。ドイツではクリスマスから年末にかけてクリスマスケーキや餅の代わりに、鯉を食す習慣があり(起源は東欧)、クリスマス鯉(Weihnachtskarpfen)と呼ばれています。クリスマス前にスーパーに行くと大きな鯉が真空パックにされて大量に売られています。泥臭いので、この臭みを取る(誤魔化す)料理方法必修です。
レシート
ドイツで生活を始めると、洗濯機、冷蔵庫、テレビ、掃除機などの家電製品を購入することになりますが、あまり安物を買うのは止めておきましょう。貧乏学生の頃、値段を最優先して安物の電話機を買いましたが、すでに壊れていました。店に戻って別の電話機に交換してもらうように頼みましたが、「レシートがないので交換できない。」と言われて絶句。日本では箱の中に保証書などが入っていますが、ドイツではレジのレシートが保証書になるんです!これがないと、製品が壊れていても交換してもらえません。例外はカードで購入した場合。カードで購入すると、(しばらくの間は)店側にも記録が残るので、これが購入の証明になり、返品が可能になります。
それでも必死で交渉(喧嘩)して、挙句の果てには交換してもらえましたが、法律上、お店はレシートなしの修理、交換する必要はないので、断られても自業自得です。こうして苦労して手に入れた電話機も1年で故障。安物の電気製品は、面白いように壊れます。
ドイツでは製品が届けられている時点で壊れているケースも多いので、注文した製品が届いたら、まずは機能チェック。知り合いの日本人は、届けられたテレビがすでに故障していたので、すぐに交換させましたが、交換されて届いたテレビも壊れていたそうです。「もうこんなテレビは要らない。」と言いたくなりますが、(まだ)無理です。一旦、売買契約を結んでしまうと、店舗には2回まで改善のチャンスが与えられます。2回修理(交換)したのに、また壊れたら、売買契約を破棄できます。すなわち購入金額の返却を要求できます。
では最初は問題がなかったのに、半年くらいであっけなく故障した場合はどうすればいいんでしょう。ドイツでは家電製品には最低1年の保障期間が義務です。製品によっては3年の保障期間があるケースもあります。購入する前に、"Garantiezeit"(保障期間)を尋ねて確認しておこう。そうすれば故障してから、購入した店に電話して、「保証は効きますか。」と尋ねる面倒が省けます。
保障を受けるには、購入時にレジでもらったレシートを提示して、まだ保障期間中であることを証明する必要があります。大きな家電店では、店舗で修理を受けてくれます。インターネットで購入した場合は、「製造元に聞いてくれ。」と言われるので、製造元にメールなどで保障修理の方法を尋ねることになります。ここでも購入時のレシートの提示を求められます。レシートがないと修理は自腹になります。そんな経験をしなくて済むように、ドイツで生活を始めるとまずは書類フォルダーを購入。使用説明書とレシートはすぐにここに保管しましょう。すぐには無理でも、レシートをなくして自費で修理する事になり、高い授業料を払うと、次回からはこの癖が自然に付きます!



email
日本から、「ドイツからメールが(ドイツ語で)届いたのですが、(文字化けして)読めません。」という相談を受けることがあります。これは日本で使用されるパソコン(メールプログラム)の設定(エンコード)が、日本語に設定されている為に起きる現象です。日本語モードでは、A,B,Cの基本的なアルファベットは表記できるものの、ウムラオトは日本語にないので表記できません。そこで、メールプログラムは、大いに悩んだ末に、ドイツ語を意味不明の記号に変換してしまいます。解決方法は簡単。メールプログラムの上部のメニューからエンコードを探し出して、これを西ヨーロッパ言語(つまりドイツ語)に指定すればいいです。そうすれば、メールはドイツ語で読めるようになります。
それほど簡単でないのは、メールにドイツ語(ウムラオト)と日本語を併用するケース。この場合では、ドイツ語だけでなく日本語も文字化けしてしまって、解読不可能。エンコードを西ヨーロッパ言語に変更しても、日本語とドイツ語が混ざっているために、文字化けした記号が、さらに複雑な記号に変るだけ。ドイツ語と日本語を同じメール内に使用する際は、ウムラオトをeを使って表記(例 oe,ae,ue)すると、ドイツ語と日本語を同じメール内で使用しても、文字化けしないで受信することができます。
又、ドイツに留学する前に是非、HotmailGoogleのフリーメール口座を作っておこう。Yahooでもいいけど、海外からのメールはちょっくちょく受信拒否されます。おまけにYahooから発信されるセールスメールの数には辟易。
日本の自宅でインターネットを引き、プロバイダーと契約された際、無料で提供されたメール口座を家族で使いまわしにされているケースも少なくないと思いますが、これでは全くプライベートな事が書けないし、ドイツでは使用できない事が多いです。さらに日本のプロバイダー提供のメールは、海外からのメールをブロックして、ゴミ箱に直行する事が多いです。そんなことにならないように、留学前にフリーメール口座を作っておけば、そんなトラブルはなく、快適にメールを交換することができます。





キャベツ
かってアメリカ軍がドイツ人を"Kraut"、複数形で"Krauts"と呼んだように、"Kraut"、すなわちキャベツはドイツの代名詞になるほど、ドイツでの食生活には欠かせない大事な野菜です。もっともキャベツは正確には、"Kohl"と呼ぶので、クラウトは南ドイツ、オーストリアを除き、キャベツの正式名称ではありません。それでもスーパーに行くと、"Krautsalat"(キャベツサラダ)が売られているので、ドイツ人も厳格には区別していないようです。ちなみに、"Unkraut"、「キャベツじゃない植物」とう言葉ですが、これは雑草を意味します。
ドイツにはキャベツと名の付く野菜がたくさんあります。何処でも売られているのが、Kohlrabi。これは日本のカブ(大根)の形をしているので、キャベツとは程遠いですが、名前はキャベツ。その次には、日本のキャベツに似た形をしたWeisskohl。日本語で言えば、その名の通り、白キャベツ。これはドイツの名産Sauerkraut(ザウワークラウト、酢キャベツ)に使われるキャベツで、歯ごたえが売り物。硬すぎて、文字通り煮ても、焼いても、硬くて食べれたものではありません。最後に来るのが、Spitzkohl。名前の通り、先が尖っており、三角形の形をしています。これが日本のキャベツの親戚で、味も近いです。日本で売られているキャベツが本家で、これは後から品種改良された産物との事。ちなみにSpitzkohlは9月〜11月が旬。寒くなると葉が硬くなります。

トイレ!
日本人に不評なのがドイツのトイレ。というのもドイツのトイレは有料。日本の無料に慣れているので、「トイレにお金を使いたくない。」と、ほぼ例外なくドイツに来られて間もない日本人には不評。そこでここではドイツ人に代わって、抗弁してみます。
そもそもトイレを使用すれば水代金、排水代金、電気代、それにお掃除の人件費などの経費がかかります。しかるにどうして日本では、トイレの使用にお金を取らないんでしょう。あるいは本当にお金を取っていないんでしょうか。実はそうではなく、トイレの使用料は建物の賃貸料、あるいは経常経費にしっかり含まれています。この経費を払っても、スーパー、百貨店が黒字になるように、品物の料金が定められています。すなわち一見無料と見えるだけで、実際には使用料を払っています。
その証拠が値段。ドイツのスーパーではトマトは1Kgで2.5ユーロ(350円)。日本ではトマト1個が100円ですから、値段のレベルが違います。ドイツでは品物に上乗せする間接的な方法ではなく、トイレを使用する費用は直接、利用者から取ろうという考えです。逆に言えば、日本のようなシステムではトイレを使用しない人にも、商品への上乗せにより、トイレの使用料を払います。それは不公平なので、ドイツでは使用者から取るという公平な方法を採用。
例えば(まだ)無料のドイツの高速道路。本当に無料なんでしょうか。何時はそうではなく、高速の使用料金、正確には高速の整備費用はガソリン税として、ガソリン代に上乗せされています。このお陰で原油が安くなった2015年でも、ハイオクは1.35ユーロ/リットル。日本円で189円。日本のほうがはるかに安いです。高速を使用しない人からも高速料金を取る方法(日本のトイレ)と、本当に高速を使用する人からのみ料金をとる方法(ドイツのトイレ)を比較すると、本当に使用する人から料金をとる方法が公平だと思いませんか 。


> トップ   >  02> 03 >

(c)Pfadfinder24   > HOME   > お申し込み   > お問い合わせ   > 会社案内   > 利用規約   > サイトマップ