Pfadfinder24
ドイツ留学なら、ドイツのエキスパートPFADFINDER24にお任せ!
   お申し込み    お問い合わせ    会社案内    利用規約    サイトマップ
ドイツの物価と生活費 1

> ドイツの物価 Index >001 >002


ドイツの物価

ドイツの物価は、消費税(厳密に言えば付加価値税)が19%なのに、平均すると日本とほぼ同じ程度です。日本より高いのは、電気、水道、それに人件費のかかるものです。具体的にはレストラン、修理等の出張サービスなど。例えばデユッセルドルフの日本食レストランの定食は10ユーロ(1400円)から。 日本ならもっと安い店が数多くあると思います。とりわけ高いのは訪問修理。洗濯機の修理など、部品交換が必要なくても3桁の費用がかかります。部品を交換すれば、新品が買えるくらいの修理費を要求されます。
また、大幅な赤字をかかえていたドイツ鉄道も赤字解消の為、チケットの値段を毎年引き上げています。値上げと採算の取れない路線の廃止により、最近は黒字になりましたが、ドイツ鉄道を株式市場に上場する為、採算性の改善に焦点がおかれ、整備は二の次。この為、故障で電車は欠落する場合が多く、サービスは毎年悪化していますが、値段だけは着実に上がっています。
逆にドイツで安い物の典型は食料品です。料理の得意な留学生は、生活費をかなり押さえる事ができます。逆に料理のできない留学生は、外食する機会が増えて、生活費が脹らむ要因になりかねません。留学前に、いくつか料理を覚えていくと重宝します。とりわけスパゲッテイーは安いので、自分でミートソースが作れれば、2ユーロでスパゲッテイーボロネーゼの大皿が完成します。
ここでは大体のドイツの物価の感触を得る為に生活に必要なるさまざまなサービス、食料品、電気製品などの値段を挙げておきます。

お買い物

ドイツで初めて買い物をして驚くのが、買い物をしてもナイロン袋をくれない事(Kaufhofだけは別)。ドイツではナイロン袋は有料で1袋20〜30セントで購入する事になります。だから食料品をなどを買出しに行く際は、鞄かナイロン袋を持参しましょう。
又、ドイツではお店で購入した品物は、基本的に返品できません。と書くと、「私は返品できました。」と言わる方も多いと思うので、誤解のないように説明しておきます。ドイツでは店頭での販売(購入)は、品物を見て(触って)買うことができるので、購入した時点で契約が成立したと見なされます。つまり販売側は契約の成立後、「商品が気に入らないので、返品したい。」という購買者の要求を受け入れる必要がありません。それにもかかわらず、個々のケースで返品が可能なのは、消費者にそのような権利を認めている法律があるわけではなく、お店のサービス(Kulanz)です。ですから、この前は返品できても、今回は駄目だったという事があっても苦情は言えません。これに関しては、消費者団体もはっきりと言明しているので、「日本ではできるのに。」と言っても「ここはドイツです。」という一言で終わってしまいます。
購入する品物が気に入るかどうか心配なら、品物を買う前に返品が可能かどうか聞いておいて、これを認めてくれるお店で買うようにしましょう。さらに品物を返品する際、購入した証拠、つまりレシートが必要になります。これがないと、たとえ5分前に購入した商品でも返金を断られてしまいます。またレシートは保証書の代わりにもなっているので、何かを買った後のレシートは大切に保管しておきましょう。

ドイツでの生活費

「ドイツでの生活費はどのくらいですか?」 という質問はドイツに留学される方から一番よく聞かれる質問です。でも、これほど回答しにくい質問もありません。どれだけ生活費がかかるか、それはどんな生活を送るか?によって大きく左右されます。
まず生活費の半分近くを占めるのがアパート等の家賃です。次に食費。先にも書いた通り、自分で料理できる人なら安く上がりますが、そうでない場合、エンゲル係数(生活費)は跳ね上がります。その他に生活費の高騰に貢献する項目は、医療費、交通費、交際費、保険料、及びその他もろもろの思いがけない出費です。あくまでも目安ですが、家賃、医療費、保険料を除いた生活費(交通費込み)は、慎ましい生活をされる場合、 350EUR/月程度を目安にしてください。

日本からの仕送り

ドイツでは日本食料品が高いっ!最近では、日本人のメッカ、デッユセルドルフでも日本食良品のろくな品揃えがありません。さらには日本の書籍等、日本の物は手に入り難いので、日本から仕送りをしてもらう事があります。しかし、日本から送品の品目に衣服、食料品などと(真面目に本当の)内容を記述してドイツに送ると大概、通関で荷物を留められてしまいます。何故ならこうした物品の郵送は、「輸入」扱いになり、関税の対象になるからです。
「そろそろ仕送りが届く頃」と思いきや、郵便受けに税関からの手紙が届いていて「荷物を税関事務所まで引き取りに来てください。」と書かれています。「なんだ、届けてくれればいいのに面倒だな。」と、何も知らずに仕送りを楽しみして引き取りに行くと「通関税、〇〇EURを払ってください。」と言われて、「えっつ?」となる事があります。また、ドイツらしく通関税の計算の仕方がいい加減でとんでもない料金を課せられることもあり、下手をすると「ドイツで買ったほうが安かった。」なんて事もあります。この為、ドイツで手に入るものは、数千円節約する為に無理して日本の親族に頼まないで、ドイツで購入した方がストレスもなくて済みます。
とは言っても、「日本で買った方が、安いんだもん。」とご相談をいただく事が少なくありません。そんな方の為に、ここでは関税を払わないで日本からの仕送りを受け取る方法をご紹介します。方法は至って簡単。日本で郵送してもらう際に、品物の欄にGeschenkeと書いて、品物の値段を45EURと書けばいいのです。何故なら45EURまでの個人の贈り物には関税がかからないのです。この方法のマイナスは、もし荷物が途中で紛失しても保証は記入した額面までしか保証されない事。だからこの方法は、仕送りの内容に合わせて、各自の判断と責任においてお試しください。
と書くと、「ノートパソコンなどを日本から送ってもらい、"Geschenke"、品物の価値を45EURと書けばいいのでしょうか。」というお問い合わせを何度かいただきました。駄目です。アウトです。"No Way."です。もうひとつおまけで、"Auf keinen Fall."です。パソコンが45ユーロで買える訳ありませんから、すぐにバレてしまいます。


Aldi VS Lidl

ドイツでは今、食料品の安売り競争が激化して、食料品に関して言えば、なんと旧EU内ではヨーロッパで一番食料品が安く買えます。ドイツには余計なコストを削減する為に、品物をダンボール箱に入れたまま店頭に商品を並べて安売りを行なうデイスカントマーケットがあり、Penny, Edeka,Aldi Lidlなどがその代表です。  
その中でも業界一の売り上げを誇るのが、Aldi。デイスカウントスーパーの代名詞にもなっている。仲良く兄弟でAlid Nord(アルデイ 北) Aldi Sued(アルデイ 南)という形で、ドイツの市場を二分している。ちなみにこのデイスカウントスーパーの経営者は仲良く、ドイツの億万長者リストの一位と二位を占めている。
その大手にLidlが真っ向から戦いを挑んでいる。 通常、こうしたデイスカント店では、有名なメーカー品を置かず、No Name、あるいは自社製品を中心に販売することによって安売りを可能にしてきた。しかし、Lidlは逆に消費者に既知のメーカー品を大量に仕入れる事により、通常ではできない安売りを可能にしてAldiから客を奪い取ってしまった。
怒ったAldiは業界一の規模に物を言わせて、同様にメーカー品を大量に仕入れて、Lidl同様にメーカー品の安売りで対抗してきている。これらのデイスカント店は、台所事情の厳しい留学生の強い味方。ただしこうした店舗には日本食良品はまず置かれていないので、留学生活を安く上げるには、まずはドイツの食材で生き延びる方法を見つける事が必要になります。






よくいただくメールに「水道の水は飲めますか。」というものがあります。勿論、飲めます。ドイツだって先進国ですから、飲めないような水が水道から出てくるようなことはありません。特に学生なんかは、平気で水道の水を飲んでいます。ただ、「飲める。」というのと、「おいしい水。」というのは別。「水の味なんか同じ。」とミネラルウオーターを飲み終えて、水道の水で補給して飲んでみると、何故か不味い。何故なんでしょう。
ドイツで洗濯をすると、洗濯物はゴワゴワで肌触りが悪く、傷みも激しい。水道の水が乾いたあとにはしっかりと白いカルキの跡が残っています。まるでプールの水のよう、、、。おいしい水にこだわる人は、ミネラルウオーターを買った方が無難です。しかし、「水道の水を飲んで病気になった。」という話は聞かないので、こだわらない人は水道の水を飲んでも(おそらく)大丈夫。
水道の水を飲む場合、毎朝、使用前に1リットルほど水を食器洗いなどに使用してから、飲料水に使おう。ドイツでは(多分、日本でも)蛇口の製造に亜鉛を使用しているため、夜の間、水を使用しないと水道管、蛇口に溜まっていた水に亜鉛が溶け出しています。この為、亜鉛の溜まった水は毎朝「空流し」してから、飲料水に利用するのがお勧めです。

水道代金

水の話のついでに、ドイツの水道代金についても一言。ドイツの電気代は欧州で2番目に高いですが、水道代金は堂々、欧州一。ドイツでは地方自治体により水道代金が値段が大きく異なるのですが、目安として1㎥、すなわち1000リットル/2ユーロ程。ミュンヘンは水道代金が安く、1.60ユーロ。東ドイツは水道代金が平均して高く2.20ユーロ。こう書くと、「うちはもっと安い!」というメールが届くのですが、水道代金は、すべて水道代金ではありません。
水道代金は、使用料+排水料+税金から構成されます。例えば飲料水に使用すれば、使用料+税金で済みますが、お風呂、洗濯に使えば、使用料+排水料+税金の3点セットの料金になります。この排水代金は滅茶苦茶高い!ですから水道代金だけ見て、「うちは安い!」と思っていても、実際にはこれに大幅に料金が加算されます。
実例を挙げてみましょう。浴槽には最低でも150リットル程度入りますから、一回お風呂に入ると水道代金は30セント程かかります。排水料金もほぼ同じなので、合計60セント。税金が7%で64セント。これに高い電気代、約1.80〜2ユーロが加わり、お風呂は1回、2ユーロ50セント程度かかる計算になります。皆まで言えば1ヶ月で75ユーロ。学生にはちょっとしんどい額です。
電気代を抜いて、排水料金込みの水道代金を見てみましょう。毎日お風呂に入るなら、風呂だけで水道代金は19ユーロ。お風呂に加えトイレ、洗濯、その他もろもろの水道料金がかかり、水道代金だけで毎月30ユーロ程度かかる事になります。一人住まいでこの費用。しかも水道代金だけですから、ドイツの生活費が高い理由がよくわかると思います。
細かい事を書くと、水道メーターは水道会社からのレンタル。小さいメーターは大きいメーターに比べてレンタル料が安いのですが、それでは儲からないので水道会社は必要も無いのに大きなメーターを設置して、高いレンタル料金を徴収するなど商売のアイデアが豊富。こうした事情があり、ドイツの「生活費」は高くなっています。

家賃
家賃自体は、年々高くなっていくものですが、ユ-ロ導入と共に家賃の上昇が加速しました。以前は500DM程度で学生用のこじんまりしたアパートが見つかりましたが、今では予算の目途として350EUR程度は見ておく必要があります。ドイツでアパートを借りると、これに雑費(管理費)、(高い)電気代、(高い)暖房代、電話代、テレビの受信料(通称、GEZ。これについては次のページをご参照ください。)、ごみ代などが加わり、運良く350EUR程度のアパ-トを見つけても、結局は アパートの費用は420EUR程度にもなってしまいます。ミュンヘン、フランクフルト、ハンブルクなどの都市場合、さらに100EUR程度、予算を多めに見ておく必要があります。逆にボッフム、エッセン、 マ-ルブルクなどは、他の大学町に較べ比較的安くアパ-トが借りられる傾向にあります。

電気代
先進国ですから、安いハズがないですね。とっても高いです。市場が4つの大企業の独占である為、あまり競争がありません。さらには風力発電、太陽発電を育成する為、補助金が電気代に上乗せされており、2013年の時点で25セント/kwhが平均です。ドイツ人のようにテレビを見るときは部屋の電気を消すなどの消費対策をすれば、一人住まいなら年間1500kwh程度の消費量で済みます。すなわち375ユーロ/1年。これに基本料金の85ユーロが加わり、合計460ユーロ。1ヶ月なら38ユーロです。日本のようにさんさんと電球の光が照っている環境なら、楽勝で2000kwhに達して、1ヶ月49ユーロ程度の出費になります。



インタ-ネット
ドイツのインタ-ネット事情は日本より遅れていて、ちょっと田舎に行くとDSLはまだ開通しておらず、まだまだ電話回線を使用(アナログ)しています。これまではドイツでDSLを契約する場合、回線の契約とDSLの契約を別々に行う必要がありました。というのも、DSL回線はドイツテレコムの所有物なので、まずはテレコムで回線を引いてから、この回線を使用する会社を選ぶという手段が必要だった為です。最近ではこのような面倒な手続きはほとんどなくなり、インターネットのプロバイダーでまとめて電話回線からDSLの契約までできてしまいます。DSLの値段、サービスについてはこちらで比較説明しておきましたので、ご参照ください。
ドイツでDSLを引く場合、PCのセットアップ、配線、ソフトのインストールなど全部自分でやる事になります。一昔前はモデムとルーターが別個になっており、さらにアナログのシグナルをデジタルに換える装置などが必要で、これを正しく配線するには頭を悩ましました。最近はモデムとルーターが一緒になっているので、かなり簡単になりました。嬉しいことに、ドイツでもWLAN(ワイヤレスLAN)が可能な場所が増えてきました。語学学校でもWLANが使える学校がほとんどです。

ネットカフェ
通常、人の行き来の多い場所、駅の近くなどにあります。料金は1時間1ユーロ程度。ただし、日本語の需要、つまり日本人の客が少ないので、日本語がインストールされていないか、インストールされていても、これが非表示なっているケースがほとんどです。この為、お店に入ったら日本語がセットアップされているかどうか、セットアップされていなければ、セットアップしてもらえるかどうか、尋ねてから使用しましょう。通常、ラップトップも持ち込んで使用可能ですが、これを嫌がる店もあるので、ラップトップを持ち込む場合は、あらかじめ受付で尋ねてください。



レストラン&学食
ドイツで外食すると料金は日本よりやや高めです。昼間は"Tageskarte"(お昼の定食)があり、10ユーロくらいから。夕食でレストランに行くなら20ユーロは覚悟してください。
「それはしんどい!」という場合、街角によくあるスタンド(インビス)で食べれば、安く上がります が、お味もいまひとつ。
学生なら大学の"Mensa"(学食)を利用できます。1回、2.60ユーロ程度。一部の学食では、お代わり("Nachschlag")もこの料金で付いてきます!

エアチケット
2012年から日本でも本格的に始まったLCC(Low Cost Carrier)ですが、欧州はLCCの本場。欧州内の旅行なら、とても安く航空券を買えてしまいます。一例を挙げれば欧州内の往復チケットが99EURだったり、早めにチケットを購入するとさらにその半額で飛べてしまいます。ただし要注意。こんなに安いチケット価格では、航空会社に利益がないのは自明の理。そこでいろんな手段で追加料金を取る方法を考案しています。
まずは必要もない旅行保険を一緒に申し込むように設定されています。これが必要ない場合は、必要ない場合がほとんどだと思いますが、あちこちクリックして、保険を外す箇所を探すことになります。その次が予約料金。ほとんどの航空会社のオンラインサイトでは、「サービス料」と称して10ユーロ程度の予約料金を取っています。これに続くのがチケット料金の支払い。クレジットカードで支払いうケースがほとんどですが、カードで払うと、一番最後の場面でいきなりサービス料が10ユーロ追加されています。これに気づかない人が多いくらい、実に見事な隠し料金です。
ライアンエアーでは、その後、搭乗券を自分で印刷して空港に持参する事が必要です。これをしていないとチェックインの際、「まずはチケットを印刷してください。」と印刷機に送られて、ここで20〜30ユーロ程度、罰金を支払うことになります。さらに荷物はすべて有料になっており、預ける荷物に応じて、ここでも追加料金を支払います。最後には、「ルフとトハンザで飛んだ方が安かった。」という結果になりますので、最初のチケット料金だけで信用してしまわないように。ライアンエアーなどは地方の不便な空港を使用しているので、ここまでの交通費、及び到着先の地方空港から街中までの交通費も余計にかかってきます。

ドイツ国内線及び、ドイツ発、欧州線
ジャーマンウングス
http://www19.germanwings.com/
エアベルリン
http://www.airberlin.com/
TUI
http://www.tui.com/
ルフトハンザ
http://www.lufthansa.com/

ドイツ発、欧州線
ライアン エアー
http://www.ryanair.com/site/DE/
easy jet
http://easyjet.com

食料品
食料品は安いです。
牛乳は安いス-パ-で1リットルで90セント。
卵が12個で1.30ユ-ロ程度。(安い)ビ-ルは500gで90セント。
じゃがいもに至っては、秋になれば10kgで4ユ-ロ。
早い話がドイツ人がよく食べる食料品、小麦粉、砂糖、ビ-ル、チ-ズなどは大量生産、値段競争の結果、値段が安くなっています。
例外は日本食良品です。ハンブルク、フランクフルト、デュッセルドルフ、それにベルリンなどの町では日本食良品店があり、最低限度の日本食料品が買えますが、値段は日本の3倍〜5倍です。おまけに賞味期限が過ぎているケースが多いので、購入の際は注意してください。


 

 


> ドイツの物価 Index >001 >002
(c)Pfadfinder24   > HOME   > お申し込み   > お問い合わせ   > 会社案内   > 利用規約   > サイトマップ