Pfadfinder24
ドイツのことならすべてわかる総合サイト PFADFINDER24
   お申し込み    お問い合わせ    会社案内    利用規約    サイトマップ
出発前のチェックリスト

 
   
備えあれば憂いなし

「往復チケットじゃないと入国させてもらえないと旅行代理店で言われました。」と航空チケットに関してお問い合わせをいただくことがあります。この情報の根拠は不明ですが、間違いです。ドイツ入国審査で差し出すのは、パスポートのみです。パスポートしか提示しないので、往復チケットを所有しているのか、それとも片道か、審査官にはわかりません。これまで20数年間に渡りパリ、チューリヒ、ヴィーン、それにアムステルダム経由でドイツに入国しましたが、どの国でもパスポートだけの提示で済みました。大体、入国審査ではパスポートの真偽を検査、そして持ち主の名前で指名手配されていないか、入国にはビザが必要かチェックするのがお仕事です。往復チケットで入国しているのか、それとも片道か、入国審査官には興味がありません。

日本では間違った見解が広がっているので、「そんな事はありませんよ。」とお返事しても、なかなか信じていただけません。実際このケースでも、「万が一のことがあっては、、。」と往復チケットを購入されることになりました。そして出発が近づにつれ「何か忘れていないか。」と不安になり、「何を持参すればいいですか。」とお問い合わせをいただきます。正直なところ、留学してみて、「あ、これを持ってくれば良かった!」という物は必ずあります。これを事前にすべて持参するのは不可能ですので、そこは割り切りましょう。最悪、パスポートとお金さえあれば、他の物は忘れても現地で購入できますので、家を出る前にこの2点をチェックしてください。

とは言え、ドイツと日本は慣習、考え方、気候が全く違うので、現地で思わぬものが重宝することがあります。又、初めての海外旅行がドイツ留学というケースもありますので、ここではこれまでの経験からお勧めの持参物を幾つか挙げておきますのでご参考に。

1. パスポート

「そんな大事な物を忘れる人は居ないっ!」と思われるかもしれませんが、実際にパスポートの不備で飛行機に乗れないケースがありました。原因はパスポートの有効期限。ドイツに限らず、シェンゲンビザの協定加盟国に入国するには十分なパスポートの有効期限が必要です。

ドイツ領事館のホームページには、「ドイツを含むシェンゲン協定国を出国する日より3ヶ月以上パスポートの残存期間が必要となりました。」とあります。分かりにくい書き方ですが、例えば1ヶ月滞在される場合は、出発の時点で4ヶ月の有効期限が必要です。2ヶ月滞在される場合は、出発の時点で5ヶ月の有効期限が必要です。3ヶ月滞在される場合は、出発の時点で6ヶ月の有効期限が必要です。

この有効期限が不足していると、飛行機に乗れません。交渉しても空港で泣いても駄目ですので、ご注意ください。ここで問題になるのは1年以上の長期滞在される場合、あるいは片道切符で入国する場合。これについてはドイツ領事館にお問い合わせください。

2. クレジットカード

旅行先で病気になって病院に行く羽目に。最初に聞かれたのは病状ではなく、「どうやって治療費を払いますか。」でした。ドイツで加入していた「世界一大きな保険会社」、アリアンツ社の旅行保険証を提示しましたが、「これは何?」と、全く使えませんでした。そこで所有していたクレジットカードを出すと、やっと診察してもらえました。日本の旅行保険はドイツでは無名なので、おそらく同じような処遇になります。緊急時の支払い手段としてカードをご持参ください。

3. 証明写真

語学学校、大学など参加証を作成する際に証明写真が必要になります。厳密に言うと、"biometrische Passbilder"が必要です。勿論、ドイツでも撮れますが、「綺麗に撮って欲しい。」と言われる方は、日本で撮影して2〜3枚持参してください。長期留学されるのであれば、5〜6枚は必要です。
日本ならば「証明写真の大きさは?」と尋ねますが、ドイツで証明写真(独:Passbilder)と言えば、運転免許証、パスポート、学生証、その用途を問わず、4,5cmx3,5cmと相場が決まっています。

4. お買い物バック

ドイツでは日本のようにお買い物をしたら、"Plastiktüte"(ナイロン袋)が提供されることはありません。手ぶらで買い物に行くと、ナイロン袋を50セント程度で買うことになります。ナイロン袋は環境汚染の悪玉として非難されているので、将来は有料の袋もなくなります。お買い物が入るバック、袋を日本から持参してください。もっともお買い物に行く際は袋を忘れて、スーパーでナイロン袋を買う羽目に。これを何度か経験すると、忘れないようになります。

5. 雨具

統計によるとドイツでは年間217日が雨です。雨具は必ず必要になります。勿論、現地でも買えますが、雨傘をドイツの店頭で買うと高いです。

6. 常備薬

EU外、すなわち日本からの薬の郵送は禁止されていますので、常備薬は持参しましょう。薬の持ち込みは、旅行中に使用される量に関しては許されています。すなわちスーツケースの半分が薬で、「これは常備薬です。」という理屈は通じません。
留学中は飛行機、電車と乗り物酔いになる機会が目白押し。是非、乗り物酔い止めをご持参ください。ちなみにドイツ語では"Reisetabletten"と言い、どこの薬局でも買えます。日本人の標準体型なら、1錠で4〜5時間は悩みから開放されます。「眠くなるのが嫌!」という人はカフェイン入りの錠剤を。ちなみに20錠入りでたったの3.80ユーロインターネットで注文するとさらに安いです。RatiopharmとStadaというドイツの製薬会社は、特許の切れた薬を生産、販売しているので消費税が19%もかかるのに、日本よりも安いです。

7. スリッパ

日本と違い、欧州では土足で部屋の中に入ります。これをやると掃除が頻繁に必要なので、室内用スリッパを持参しましょう。勿論、ドイツでも買えます

8. 蚊対策

ドイツにも蚊が居ます。ドイツの部屋にはクーラーがないので、夏、窓は全開です。蚊も一緒に入ってきます。網戸は付いていません。ドイツ人は、「殺虫剤は体に悪い。」と蚊に刺される方を好みますので、あまり販売されていません。6月以降に留学される場合、蚊対策もご持参ください。

9. うちわ

上述の通りクーラーがないので、電車は移動サウナ、大学の教室は混浴サウナです。是非、うちわを持参しておきましょう。うちわを使っていると、何故かドイツ人から注目を浴びるのは不思議、、。欲しいのかな?

10. 水着

暑さを絶えやすくするのはプール。ドイツには湖や巨大な屋外プールがあり、授業の後、週末などに友人達とプールに行くことが結構多いです。一般のプールでもトップレスは可なので、クラスの女の子はトップレスに。ただしすっぽんぽん(独 :splitternackt)は禁止。裸で泳ぎたい方は、FKKという専用の区画で裸になってください。

11. 手土産&挨拶

お金を払って泊めてもらう場合、手土産は必要ありません。ドイツにはそのような習慣はないので、手土産を持参しても相手が困惑します。それよりも出発前に英語でもドイツ語でも良いので、簡単な自己紹介のメールを送っておいてください。これだけで会う前から印象がぐっと良くなります。

12. ゆかた

「目立ちたい!」という方は浴衣と下駄で歩けば、注目度100%間違いなし。

13.  国際学生証

定期券が学生価格で買えるので、お持ちの方は是非、持参してください。

13.  旅行保険(証)

1ヶ月程度の短期の留学でも疾病保険と個人賠償保険に入ってから、渡独してください。ドイツで滞在ビザを申請される場合は、ドイツの保険に入っていないとビザが取れません。(詳細はこちら)日本では個人賠償責任保険が普及していませんが、ドイツでは大人の常識。日本でも海外でも有効な個人賠償責任保険がありますので、日本の保険に加入される場合は、その点を確認しておきましょう。ちゃんと保険に加入しても保険証の場所がわからないのでは意味がありません。ファイルフォルダーに航空チケットの詳細、語学学校からのコンファーム、パスポートのコピー、それに保険証を入れて置き、いつでも取り出せるようにしておきましょう。

14. 適した服装

「そんな事は言われるまでもない。」と思えますが、緯度上はドイツの南部が北海道と同じ。ドイツの中央部になると、そこはもう樺太です。そんな北にあるドイツの夏の生命線は、南からの高気圧。これが張り出さないと、北から寒気が流れ込み、8月の真夏になんと4度の最低気温。朝の通学は半端なく寒いです。出発前に今年の天気を確認して、適した服装をご持参ください。

15. 戸籍謄本

「パスポートを無くしちゃった!」とミュンヘンにある日本領事館に連絡すると、「戸籍謄本がないとパスポートの再発行はできません!」とのこと。日本の両親は病気でホームに入っているといえば、「知り合いに頼んでください。」とのこと。「22年もドイツに住んでいるので、日本には知り合いは居ません。」と言うと、「戸籍謄本がないとパスポートの再発行はできません!」とまるで壊れたレコード。困っていても助けてくれない日本の領事館。同じ目に遭わないように、パスポートの紛失に備えて戸籍謄本を書類ファイルに入れておきましょう。

タクシー
「ドイツのタクシーは怖い。」と先入観念をもたれている方が多いようです。「ドイツでタクシーに乗っても大丈夫ですか。」とよくお問い合わせをいただきます。ドイツのタクシーは安全です。ドイツのタクシーは「白タク」ではなく、運転手はタクシー会社に雇われていますので、勤務中は監視されています。悪さをすると、下手人はすぐにばれて、首になります。乗る前に100万ユーロの現金をみせて、「これを奪えば、一生楽して暮らせますよ。」と余計な考えを植え込むならともかく、普通の乗客が持っているかもしれない額はたかが数百ユーロ。東南アジアなら大金かもしれませんが、そんな小銭で仕事と将来を失うのでは割に合わないので、乗客を襲うような危険はおかしません。ドイツで襲われるのは、運転手の方です。
安全ですが、運転手の多くは外国人、それともトルコ人かギリシャ人で、愛想が悪い人は少なくないです。言う間でもないですが、ドイツのタクシーは自動ドアではありませんので、自分の手で開けてください。稀にいい運転手に遭うと、大きな荷物をトランクに入れるのを手伝ってくれます。怠け者の運転手に当たると、運転席から降りるのは食事とトイレのときだけで、手伝ってくれません。
日本人の悩みの種、チップ。本当はとっても簡単。メーターに表示されている運賃を切り上げてあげるだけ。8.80ユーロだったら、"Hier 10 EURO." "Stimmt so."「はい、10ユーロ。これであってます。」という風に。愛想が悪い運転手なら、小銭で9ユーロあげれば十分です。
筆記具
ドイツ人は(画家でない限り)鉛筆を使いません。書くのはいつも(ボール)ペン。日本人のように消しゴムでゴシゴシするのは、合理的なドイツ人には時間の無駄。書き損じたら二重線を引いて修正する方が早くて、簡単。ゴム消しも節約できちゃいます。流石、ドイツ人。
ドイツに来たら、(お土産に)一本ドイツのペンを買ってみてはどうだろう。これはドイツ人なら誰もが使ったことがあるベストセラー。あまりに有名なので、中国製の偽者も出回っていますので要注意。

      
ファイルフォルダー
授業でプリント類が配られます。1ヶ月でこれは結構な量になるので、毎回、きっちんと整理しておかないとしわくちゃになります。日本で使っていないファイルフォルダーがあれば持参してください。ドイツのスーパー、文房具屋で売っているので、「日本製じゃないと駄目!」というこだわりがなければ、わざわざ購入して持参する必要はありません。
 
お茶と水筒
ドイツでは授業中でも、飲み物は勝手に飲めます。毎回買っているとお金がかさむので、水筒を持参すると重宝します。ドイツでは麦茶、ウーロン茶などを食料品店で買うと高級嗜好品。その価格に目が点に。日本食レストランで麦茶をコップ一杯注文すると、小さなコップでなんと2ユーロ(280円)。お茶の葉を持参して水筒で水出しすれば、節約効果大なり。
           
ドイツ人の趣味は散歩。半端じゃなく歩きます。遠足に参加すると、当然、歩きます。留学には格好よりも実用的な靴を選んでください。特にドイツでは雨が多いので、滑らず、濡れても水が入ってこない靴が適しています。
これが顕著になるのが冬。雪が降ると路上は雪解けでシャーベット状態。すぐに靴が濡れて泥だらけになる上、指先が滅茶苦茶寒いです。冬に留学される方はドイツで防水、防寒処置をしている長靴(独:Stiefel)を買いましょう。

             
お洗濯
日本のように洗濯物を外で干す習慣のないドイツでは、紫外線による殺菌消毒効果の代わりに、お湯で洗濯物を洗います。洗濯機のメニューには"Kochwaesche"(湯荒い)というメニューがあり、これで温度を調整するようになっています。ドイツ人は下着などを50〜60度のお湯で洗い、菌を殺します。
これが原因か、それとも水質のせいか、ドイツで洗濯すると肌着の痛み具合は激しいです。又、回転するドラムに服がひっかかり、服が裂かれてしまうこともあります。効果があるかどうかわかりませんが、洗濯ネットを持参して、大事な服はここに入れて洗いましょう。
洗濯が終わると、真夏でも乾燥機で洗濯物を乾燥させるのがドイツ流。学生寮などには乾燥室があり、ここで洗濯物を干せるケースもあります。しかし女性の場合、下着を干すのは禁物。盗まれます。下着じゃなくても新しい服は盗まれる可能性があるので、「公共の場所」に干す洗濯物は盗む価値がない物にしておきましょう。
その一方で、ドイツの洗濯物干しはとてもよくできています。折りたためるので場所を取らず、かつ大量の洗濯物が干せます。「日本にもあるだろう。」と捨てて帰ったのがとても残念!
盗難
日本でもスリ、盗難が増えてきましたが、欧州(ドイツ)における被害の数は日本の比でありません。レストランなどでお財布を入れた上着を椅子に掛けてると、食事が終わる頃にはお財布が消えています。「一体、何時の前に?」と感心するほどの手際のよさ。「みんなが見ているから。」と貴重品をテーブルの上においてトイレに行き、「帰ってくると、お財布がありませんた。」と警察に届け出ると、「お財布があると思っていたんですか。」と、ちょっぴり非難までいただきます。
電車へ乗車する際などは自然に体が触れるので、擦りの絶好の機会。ドイツ人でもやられているので、日本人には防御不可能。エスカレーターの出口でいきなり止まって屈みこむ人物。前に進めず困っていると、後ろから押されます。実はコレ、スリのお仲間です。チームワークで被害者を動けないようにすると、お財布を後ろから擦ります。空港、駅などは擦りの仕事場です。油断せず、お財布は体の内部に密着させて保管してください。
観光先で小銭をせびって集まってくる子供たち。コレはジプシーの生まれながらの戦術です。正面攻撃をかけて観光客の注意をひくと、横からカミソリを持った子供が鞄を裂き、お財布を盗んでいきます。あっ!と驚く見事なチームワーク。最近は書類にサインを請い、サインをすると募金を強制するなどの頭のいい方法も登場。「子供だから。」と油断は禁物。ジプシーの子供は日本の大学生よりも人生経験が多く、策略に長けています。子供が寄ってきたら逃げるか、無理なら蹴っ飛ばすかして、1m以内に寄らせないようにしてください。
ドイツでは店の入り口にある傘立てに傘を立ててその場を離れると、「あっ。」と言う間に盗まれます。「傘は置いてから入ってください。」と言われたら、「盗まれたら責任を取ってくれますか。」と切り替えしましょう。きっと、「どうぞ。」とコロリと態度が変わります。自転車も盗難は多く、ドイツ人なら皆、苦い盗難の経験をもっています。中にはチェーンで自転車をロックした後に、サドルを外して持っていく人もいます。こうしておけば自転車を盗んでも使えないので、盗まれないというドイツ流の自転車盗難対策です。
先日はデユッセルドルフ空港で電車へ乗り換えされるお客様が、全財産を摺られました。日本人は無防備なことがスリに知れ渡っており、デユッセルドルフ空港、中央駅ではスリが日本人が来るのを待っています。どうか貴重品はハンドバックやズボンのポケットに入れないで、服の内側、体に密着させて保持してください。日本から到着したばかりだと、危険度を認識していないため隙が多く、かつ披露しているので注意散漫になりがちです。デユッセルドルフ、ケルン方面に留学、滞在される方は、肝に銘じておいてください。


 


  
   
(c)Pfadfinder24   > HOME   > お申し込み   > お問い合わせ   > 会社案内   > 利用規約   > サイトマップ